ホンネで語る!
英国での住宅購入

前編

どうやって家を探せばいいの?

何度も家を買い替えたり、弁護士を通して話し合ったりと、日本とは少々異なる英国での不動産購入。今回は、ここ6年以内にロンドンで家を購入した女性3名に、物件購入までの道のりや苦労話を熱く語っていただきました(全2回シリーズ)。
参加者のプロフィール
Aさん(41歳)/在英9年。6年前にテラスドハウスを購入。夫は英国人、子どもは2人。北ロンドン在住。
Bさん(49歳)/在英6年。3年半前に旧カウンシルの1ベッドフラットを購入。夫は英国育ちの日本人、子どもなし。北ロンドン在住。
Cさん(45歳)/在英15年。3年半前に1ベッドフラットを購入。独身。南ロンドン在住。

注・本文中の(※)は、下コラムでキーワードとして紹介しています。

買っても売ればいい!?

― イギリスで家を買おうと決めたきっかけは?

A
イギリス人の夫と子どもたちと一緒に、9年前に日本からロンドンへ引っ越してきました。最初は賃貸のフラットに住んでいたんですけど、3年経ってどうするか考えたときに、「このまま賃貸で家賃を払い続けるのはもったいないよね。買えるなら、家を買ってしまった方がいいよね」と夫と話し合いまして。子どもが小学校に通いはじめていたので、引っ越しを繰り返すのも大変だし。
B
私も6年前、夫の転職でイギリスに来ました。夫は日本人なんですけど、イギリスで育ったんです。永住するつもりで来たので「いずれは家を買おう」と話していたのですが、ゆっくり探したかったし、すぐに買うのは難しかったから、最初は私たち夫婦と夫の友達の3人でハウスシェアをしました。だけど、1年くらいで夫の友達が結婚して家を出ることになったので、私たちも家を買うことに決めました。

6年前に一軒家を購入したAさん(写真奥)と、3年半前にフラットを購入したBさん。
C
私は現地採用でイギリスでの仕事が決まってロンドンに来たんですけど、いつまでいるかとか、永住するかとかは全然決めていない状態で、ズルズルと在英期間が長くなってしまって。コストが高かったのでシェア生活をしていて、フラットメイトとも仲良かったし快適だったのですが、周りの人からは「家を買うなら早く買った方がいい」とずっと言われてました。「売ることもできるから、買ったからといってずっとイギリスにいて、その家に住まなきゃいけないわけじゃないよ」って。
A
そういう考え方が、日本との違いですよね。これから先どのくらいイギリスに住むかわからないし、家を買うことに迷いもあったんですけど、夫が「日本に戻ることになったら売ればいいし、とりあえずプロパティ・ラダー(*)にのっておこう」という感じだったので。
C
でも、イギリスで家を買うなんて考えたこともなかったし、一人で買えるものなのかなって、よくわからなかったんです。なかなかハードルが高くて…。そうしているうちに、どんどん家の価格が上昇していくんですよ。自分の年齢も上がってきたから、そろそろ一人暮らしをしたかったし、同じ金額の家賃を払うならモーゲージ(住宅ローン)を払った方がいいかなとも思ったので、在英10年目でシェアを解消して、家を買うことにしました。
B
私も賃貸を探す選択肢もあったんですけど、モーゲージを払い続ける年数を考えると年齢もそれほど若くないし、きっかけさえあれば、なるべく早く買いたいと思ってました。

希望地からどんどん郊外に…

― どうやって家を探しましたか?

C
「Rightmove」という不動産の総合ウェブサイトで探しました。
B
私も「Rightmove」と「Zoopla」を並行して、毎日検索していました。早い者勝ちなので、少しでも気になる家が出てきたら、すぐ連絡してました。
A
私も「Zoopla」を利用しました。でも、住みたい町の不動産屋さんも回りましたよ。店頭に出ている吊り広告を見て、「これいい!」と思って店員に尋ねると、「その家はまだ売れてないけど、すっごい人気だから。今ビューイング(内見)予約を入れても十何番目だし、アナタじゃ無理だよ」みたいな。外国人だし、英語もそれほどペラペラじゃないし、こちらの人みたいに自信がある態度でもないから、軽くあしらわれることが多くて。イギリス人の夫が一緒だと、店員の態度が180度変わるんですけど(苦笑)
B
そう、全然違うよね。
C
私はラッキーなことに、外国人だからといって嫌な目に遭ったことはありません。ただ、何の準備もせずに「家を買おうかな~」という感じで見学していたときの不動産屋さんの対応は散々でしたね。それこそ鼻で笑われるというか…。デポジット(頭金)の金額やモーゲージをどれくらい組めるかなど、具体的な話ができるようになってからは、相手もちゃんと対応してくれるようになりました。

3年半前にフラットを購入したCさん。友達に勧められた南ロンドンに引っ越した。

― 住むエリアはどう決めましたか?

C
それまで北ロンドンでシェア生活をしていて、地理もよくわかっているし、すごく便利なので、近所にある物件を探したんですけど、予算的に難しくて…。何軒か見に行ったものの、価格が少し低い家は、ウェブサイト上での写真が良くてもすごく狭かったり、周辺の雰囲気があまり良くなかったり。範囲を広げようと思っていたところに、南ロンドンに住んでいる友達に「南もいいよ」と勧められて、それから南で探して決めました。
B
私も北ロンドン(ゾーン2)に住んでいたので、最初はその近くで探しました。だけど全然予算が見合わなくて。近所の不動産屋さんで「予算はこれくらいで、こんな間取りの家を買いたい」と相談したら、フッて鼻で笑われました(笑)。ゾーン3でもダメで、でもそうして探しているうちに、2~3ヵ月でポンポンポンッて価格がどんどん上がっていくんですよ。ゾーン4で「いいな」と思う家を見つけても、ビューイングの予約を入れているうちに、予算がオーバーしちゃったり…。完全にイタチごっこ状態(笑)。だから、思い切って北上して、やっと買えた!って感じです。
A
私も最初の3年間は北に住んでいたんですけど、そこに決めたのは近所に夫の家族が暮らしていたからなんです。環境も良かったし、いい小学校もあったし。だから、私たちもその家の近くで見つけたかったんですけど、やっぱり高くて(笑)。なので、少しずつ北にずらしながら探しましたね。

オファーでいかに勝ち抜くか

― 探しはじめてから、どのくらいで物件購入に至りましたか?

B
1年半くらい。30軒近くは見て回りました。不動産バブルの時期だったので、競争がすごくて。2軒に1軒はオファー(*)を出していたけど、全然通らなかった。週末に物件を見に行くと、その家の周りに人だかりができていて、何か事件でも起きたのかと思ったらビューイング希望者が殺到していたんです。
AC
えぇー!
B
名簿に名前を書いて順番待ちをするんですけど、私たちは二十何番目。不動産屋さんの人に「『Zoopla』に出ていた売買金額よりも50K上乗せした金額を払うと言っている人がいるから、それ以上出せないなら見ても意味ないよ」と言われてしまって。「私たち負けたんだ…この家に住めないんだ…」と思いながら見学したり。
A
わかる! それ、すっごく悲しいですよね…。
B
最初は提示されている値段で買えるんだと思っていたんです。でもこうしたことが続いて、「あっ、プラスαしないとダメなんだ」と気付いてからは、見に行く物件の値段を下げました。だけど、2~3組同時のビューイングだと、不動産屋さんの人と「これくらいプラスで払えます」と話しているのを聞きつけた別の購入希望者が、「私たちはもっと払える」と交渉してきて負けたり、当時はまさに競売状態でした。

― オファーで伝えた希望購入価格だけで、判断されるんですか? 同じ金額だったら、外国人よりイギリス人が優先されることは?

A
同じ金額でオファーを出す人がいたら、チェーン・フリー(*)の人が選ばれますね。あと、ファーストタイム・バイヤー(*)とか。チェーンありの人は、今住んでいる家が売れないと新たに買えないので、売り手もすぐに売れる人を選びます。値段以外の差と言ったら、それくらいかな。
C
そうですね。
A
私はBさんより少し前に買ったので、そこまで競争は大変じゃなかったな。でも何となく見るようになってからは3年、真剣に探しはじめてからは2年くらいかかったと思います。30~50軒くらいは見たかも。途中でカウントをやめたので、定かではないんですけど(笑)。毎週末、土日のどちらかを「物件を見る日」にしてましたね。
C
私も集中して見はじめてからだと、1年くらい。でも、そのさらに1年前から「いい家があれば…」と思って、ウェブサイトで少しずつ見てました。最終的に20軒以上は見学したと思います。
B
1年は結構早い! スムーズにいった成功例ですよね。

― Cさんはオファーがすぐに通って、大きな問題なく買えたんですか?

C
そんなことないですよ。私もオファー価格で何度も負けました。それを繰り返すうちに「見学して『いいな』と思ったら、すぐ表明しないとダメなんだ」とか、「希望価格は上乗せしないと勝てない」とか学びました。

「ここはない」という勘

― 家を選ぶ際のポイントは?

A
ロケーションを優先するか、広さを優先するかで、最後までずーっと悩みました。いいローケーションだけどフラットのグランドフロア(地上階)か、ちょっと不便な場所だけど一軒家か。子どもが2人いるので、庭付きなのは外せなかったんですけど。最終的にテラスドハウス(棟続きの一軒家)を選びました。

― 決め手は何だったんですか?

A
パートタイムで週3日ほど働いているんですけど、それでも家にいる時間の方が圧倒的に長いので、いくら眺めが良かったり、買い物が便利だったりしても、快適に過ごせる方が重要だと結論づけました。フラットだと、子どもが出す音にも気を使うし。それに一軒家の方が庭が広いので。住みはじめて6年になりますが、実はいまだにこの結論でよかったのかと思うことがありますけど…(笑)
B
私が気にしたのは、水まわりですね。シャワーだけじゃ嫌だったのでバスタブが欲しくて、バスルームにバスタブが入る広さがあること、できればバスタブがあること。キッチンが直さなくていい状態で、すぐに料理ができること。家は多少何かあっても直せばいいけど、水まわりだけはきちんとしている家というのが絶対条件でした。あとは治安、近くに緑があること。公園とか。そうして探した結果、2階建ての旧カウンシル・フラットの1ベッド(グランドフロア)に決めました。
C
私もバスルームにバスタブを入れたかったので、水まわりは気にしましたね。何か問題が起きたときに、プラマーを呼ぶのも修理してもらうのも、本当にひと苦労ですから。購入したのは、築50年くらいの3階建ての1ベッド・フラットの3階です。

― その家は、ひと目見て気に入ったんですか?

C
正直なところ、色々見てまわって疲れちゃって…。
A
わかる! 嫌になっちゃって、最初に比べて後の方がどんどんハードルが下がってくるんですよね(笑)。永久に見つからないんじゃないかと思ったもん。
C
そうそう。でも細かいところを確認しなくても、パッと見て「あっ、ここ住めるな」とか、そういう感覚ありますよね?
B
ありました! ドアを開けてすぐに「ここはないな」とか。
A
「ないな」「違うな」と思うことの方が、むしろ多かった!「暗いな」とか「じめっとしてるな」とか。

デポジットの金額が勝負

― オファーが受理されて価格の合意に至ったら、次はモーゲージ審査です。モーゲージを組む銀行は、どうやって選びましたか?

A
金利や手数料など、レートを比較して選びました。その点はすべて夫に任せました。
B
私もそうです。
C
私は、最初はインターネットを通してモーゲージ・アドバイザーの人に調査をお願いしました。仕事が早い人で「ここなら安く組めますよ」とすぐに教えてくれたのですが、そのときにオファーを出した家が、1階にレストランが入っているフラットで。「そういう物件はモーゲージが取りにくい」と言われて、ということは売るときに苦労するかも、と思ってオファーを取り下げました。なので、モーゲージ・アドバイザー費用は無駄になっちゃったんですけど。それ以降は、ネットでレートなどを比較して自分でモーゲージを組む銀行を決めました。

1階にレストランが入っている物件は衛生面やにおいの問題からか、売買が大変と聞いたと話すCさん。

― AさんとBさんの場合、モーゲージは旦那さんと共同で?

A
私はパートタイムで数日働いているだけなので、夫がすべて払ってます。
B
私はフルタイムなので、共同で組みました。

― モーゲージの審査は厳しいと聞きましたが…。

B
モーゲージを組めるかどうかは、デポジットをいくら用意できるか、じゃないでしょうか。売買価格の4分の1~3分の1を用意できれば、審査は通ると聞きました。当時は競争率が高かったので、少しでもオファーが通る可能性を高めるためにも、ビューイングには銀行から発行してもらった「Mortgage in principal」(*)を毎回持って行きましたね。「オファーが通ったら、すぐにローンを組めます!」って伝えて。
A
私は持って行かなかったな。口頭で金額を伝えただけでした。
C
私もデポジットを「これくらい払える」と話しただけですね。でも友達には「Mortgage in principal」があると強いよ、とは言われたことがあります。売り手側ができるだけ早く家を手放したい場合は、モーゲージ審査で落ちて買えない可能性がなるべく低い人を選びたいでしょうし。

モーゲージを組む銀行選びは、英語を母国語とする夫に一任したというAさんとBさん。
B
それと年収の4倍以上のモーゲージは組まない方がいいとも言われました。5倍でも組めるけど、毎月返済に追われて、ホリデーに行けないし、好きなものも買えなくなって苦しくなるって。だから3~4倍にしなさいと。
C
私もそう言われて、4倍弱くらいにしました。でもちょっと悩んだんですよ。借りられるだけ銀行からお金を借りて、1ベッドじゃなくて2ベッドを買って、1室は貸そうかなとか。
B
私もそれ考えた!
C
ただ、それまでずっとシェア生活だったから、とりあえず一旦一人で住みたいと思ってやめちゃったんですけど。今になってみると、2ベッドにしておけばよかったかなーと思うこともあります。2ベッドの方が広いし、将来的に家の価格が上がりやすいらしくて。ちょっとだけ後悔かな(笑)。
不動産関連のキーワード
■プロパティ・ラダー(property ladder)

「不動産のはしご」という意味で、最初に小さな家を買い、ライフスタイルの変化等に合わせて、その持ち家を売ったお金を頭金に、さらに大きな家を買うこと。

■オファー(offer)

不動産屋を通して売り手に希望購入価格を提示し、物件購入の意思を伝えること。

■チェーン・フリー(chain free)

持ち家を売ったお金を頭金にして、次の物件購入をするという「縛り」がない人。

■ファーストタイム・バイヤー(first time buyer)

初めて不動産を購入する人。

■モーゲージ・イン・プリンシパル(Mortgage in principal)

モーゲージ仮審査の通過を示す証明書。

週刊ジャーニー No.1101(2019年08月29日)掲載

「英国での住宅購入」後編の内容は、「不動産屋とのトラブル」です。
今後のテーマ、参加者を募集中!