ホンネで語る!
英国の日本人女性起業家

後編

孤独な社長業

会社に勤めるという働き方ではなく、事業を起こすという選択をした日本人女性起業家たち。英国で起業した女性たちの声を聞くべく、座談会を決行。起業して5年未満のフレッシュな起業家が直面する、悩みや仕事に対する考え方を語っていただいた。前編はこちら
参加者のプロフィール
小幡洋子さん
1996年に渡英。航空会社に勤務したのち、2010年頃から美容の道へ。2015年に自然コスメ・ブランド「Kotoha Cosmetics London」を設立。
クラウリー利恵さん
2004年に渡英。日系企業を支援する会社で働いたのち、2016年にプロモーション&コンサル会社「Pointblank Promotions Ltd」を設立。
樋田もとこさん
2006年に渡英。同年、パンの配達販売を始め、2015年に会社化し西ロンドンに、無添加・安心・安全をモットーにした「Happy Sky Bakery」をオープン。
  

「パソコンとケータイが離せない」

― 起業して自由になったこと、不自由になったことは何ですか?

コトハ 小幡洋子さん (以下、小幡)
自分でスケジュールを組めるので、自由といえば自由なのですが、私はまだ従業員を雇っていないので、自分が動かないとビジネスが動かないという不自由さはあります。だけど、会社で働いていた頃より自分らしく生きている感じがしますね。
ポイントブランク クラウリー利恵さん (以下、クラウリー)
健康のことも含めて全部自分が管理しなきゃいけないんですよね。運動しなきゃいけないとか、適度に休まなきゃいけないとか。意識しないとずっと働いちゃうんですよ。ホリデーに行ってもやっぱりパソコンとケータイが離せなくって。

― それは辛いことですか?

クラウリー
自分のやりたいことだから、辛くはないですね。会社員時代は「もっと他に楽しいことやりたい」という物足りなさがあったから。そういう点では充実してますが、仕事が忙しいと休みのコントロールが難しい。

― オンオフの切り替えはどうされていますか?

クラウリー
土曜日はパソコンに向かわないと決めています。
小幡
私も土曜はやめてます。でも日曜はやっちゃう。
クラウリー
同じです。日本の企業と仕事をしているから、日本の夜明けがやって来る前に先手を打っておかないとって(笑)
ハッピー・スカイ・ベーカリー 樋田もとこさん (以下、樋田)
私は仕事のこと考えるのがとにかく幸せ。ただ、スタッフが7人いるから、彼らの生活を考えると、間違った選択をしちゃいけないから孤独です。

「ハッピー・スカイ・ベーカリー」の樋田もとこさん(右奥)とスタッフの皆さん。「World Bread Awards」で2017年に銅賞、18年、19年に銀賞を受賞した。食べた人から「美味しい」と言われることが、一番の喜びと樋田さんは語る。

小幡
クラウリー
わかります。
樋田
家族にも言えないことがいっぱいあるから、敬愛する柳井正さん(ユニクロ社長)の本を読んでたまに泣いています。スタッフには泣いてる姿は見せられない。モチベーション高く仕事をしてほしいし、みんなの夢も共有したいし、リーダーでないといけないというプレッシャーもある。だから自由だけど孤独で、プレッシャーとも戦ってる。でも反対に夢を持って渡英してきたスタッフもいて、刺激を受けることも多いですね。

― 家族にも言えない悩みとは?

樋田
お金のこと、クオリティのこと、流通のこと…。製造からお客さんに届くまで色んなところにありますね。イギリスだからなかなかスムーズにいかないこともあったりして。家族にそういう悩みって話します?
小幡
クラウリー
言わないです。

― 会社員のときは悩みを家族に相談しましたか?

クラウリー
雇われていたときの悩みは他人事だから(笑)
樋田
お酒のいいつまみだよね。
小幡
単なる愚痴として言える。
クラウリー
でも自分の会社のことは自分の問題だから。
樋田
自分の欠損を見せられているようなものだから、直視するのもつらいしね。
クラウリー
人を雇ってうまく機能しなかったら、それも自分のせいだから。
小幡
以前パートナーに「なんで仕事のトラブル言わへんの?」って言われたことがあるんですけど、多少の失敗は自分の中でおさめるし、それは逐一言うことではないですよね。
クラウリー
うん。それに自分の会社に投資するときって、自分の思いきりと判断だと思うんです。相談して足踏みしちゃったら思い切ってできないし、失敗したときにそれを言えないし。

「ポイントブランク」のクラウリー利恵さん(左)と、落語家の桂三輝さん(中)、パフォーマーのサカクラカツミさん。「これあなたじゃないとできなかった」と言われることが一番嬉しいと語る。

樋田
みんなドMだよね(笑)
クラウリー
そうそう(笑) 最近、諸事情があって他社の方から決算などの細かいことを聞かれたんです。それが服を脱がされるくらい恥ずかしい。決算はウェブで公開されているから今さらといえばそうだけど、恥ずかしい。
樋田
「あれ見た」って言われるのが一番嫌だわ。
クラウリー
「こいつやらかしてんなぁ」というのもバレるから(笑)

自分だからできること

― 起業を後悔した瞬間は?

樋田
私はないですね。自分が船長と思って晴れ晴れした気持ちです。
小幡
後悔ではないですが、プロモーション会社の人に騙された(前編参照)ときは、「私は起業する器じゃなかったのかな」と自信を失いました。だけど、割と立ち直りは早かったかな(笑)
クラウリー
後悔した瞬間は色々ありますけど…。自分が投資した額を目の当たりにしたときに「あのお金で家を買っておけばよかったかな」って。でも、そういう人生を歩んだとしても、どこかのタイミングで自分のやりたいことのために投資してるだろうから、早いうちにやっておいてよかったなとも感じています。冷静に数字をみると、時々恐ろしくなるんですけどね(苦笑)

― 今後の課題・展望は?

クラウリー
これから組織づくりをやっていかなきゃいけないのと、自分の価値を上げていかなきゃいけないなと思っています。自分の会社のブランディングというか。
樋田
それは皆さんそうだよね。会社やってたらブランディングは大事。
クラウリー
そう。時間ってたくさんあるようで実際にはないから、どういう風に仕事を選んでいくか、選択の時期に来ているような気がする。なんでもかんでもやってたら死んじゃうから。会社にとっていいものを選んでいかないと。あと、もう少し専門分野を磨き上げる必要があるなと思っています。そのうえで、インパクトのあるプロモーションやイベント、マーケティングをやるなら「ここ!」と思い浮かべてもらえるような、オンリーワンの存在になりたいですね。

「Kotoha」の小幡洋子さん(右)は、「女を上げる!」美の総合講座を現在企画中で、「美」全体を提案する会社として成長したいと語る。喜びを感じる瞬間は、美容アドバイスを通して「目からうろこ」と言われたとき。

小幡
私自身がもともとアーティストとして絵を描いていた時期があるんです。そのせいか、何かを作り出したい欲求がものすごく強くって。このところ、私の中のクリエイティブな面が騒いでいて。そんな時に「いくつかの要素を合わせて美容コースを作りませんか?」ってコラボする人が出てきて、その話が動き出しているんです。美容の講座を行ったり、美容プログラムを作ったり。美容、マインドセットなどを全部含めた意味での「女を上げる!」美容講座といったもの作っています。
クラウリー
樋田
おお~。
小幡
いまコースマテリアルを制作中で、プロダクト製造販売だけにとどまらず、美全体をオファーできる会社として成長していきたいなと思っています。
樋田
商品販売と講座で相乗効果も生まれそうですね。私はイギリスでもっと日本の食パンを広めていくこと。いま力を入れているのが、湯種食パンと言って、90度でこねて作るんですよ。だから、ふわふわモチモチ。
小幡
あれ美味しいですよね!
樋田
ありがとうございます。東京ミルクローフという名前で販売しているのですが、これをうちで作ろうと思うとどうしてもコストがかかるので、最近工場と契約したんです。そこのイギリス人ヘッドベイカーと、ロンドンの粉会社のクラフツマンと一緒に、イギリス人にも受け入れられるマーケティングをベースに日本の食パンを作ったんですよ。これをイギリス人の食卓にのせたい!
クラウリー
やりたいことがしっかりしていて、すごいと思う。
樋田
パン作りのコンセプトははっきりしてるし、パッションもある。工場という生産背景もできてる。だから今後は、もっと多くの人に届けるためのチャンネルづくりをしていかなきゃいけないなって思ってます!

週刊ジャーニー No.1111(2019年11月07日)掲載

「英国の日本人女性起業家」前・後編は、今回で終了となります。今後も様々なテーマで座談会をお届けしていきますので、ご期待下さい!
今後のテーマ、参加者を募集中!