ホンネで語る!
コロナ時代の働き方

前編

コミュニケーションの重要性

新型コロナウイルス感染拡大防止のためのロックダウン政策によって働き方が大きく変化する中、ロンドンで働く日本人たちはどのように仕事を行っているのか。現状を知るべくオンラインで座談会を決行。コロナ時代の働き方について考えを語ってもらった(全2回)。
参加者のプロフィール
Aさん/2018年よりロンドン駐在。日系不動産会社にて、再開発事業マネージャーを務める(40代前半・男性)。
Bさん/2004年に渡英し、2014年より日系メーカーにて社長秘書として勤務する(40代後半・女性)。
Cさん/2017年よりロンドン駐在。日系金融機関にて、日系・非日系投資家に対するファイナンス業務を担当する(40代前半・男性)。

在宅勤務への移行

― ロックダウン中の働き方は?

A
政府の発表があったときから我々は在宅勤務を始めました。それ以前からリモートワークの準備を始めていたので、すんなりと移行できました。
B
うちも3月末に在宅勤務が始まりました。数日前にバタバタと必要な荷物を持ち帰り、いつ出社できなくなってもいいように備えました。ただそういう状況だったので、帰任者の空港へのお見送りもできませんでした。
C
私のところはコロナの雲行きが怪しくなるのに合わせてスプリット体制を導入して出社人数を減らし、政府の発表以降、完全にリモートになりました。私のチームは7割以上がナショナルスタッフで、ロックダウン直前にはナショナルスタッフが「こんな状況の中で出社したくない」と。結局日本人だけが出てきている状態でした(笑)。
A
コロナの波がアジアから始まったことで、日系企業は日本の本社が先行して対応をとっていたので、駐在員にとっては唐突感はなかったですね。ナショナルスタッフはわかりませんが。
C
割とスムーズでしたね。金融機関ですので、情報管理等もあり基本的に支店のメンバーが外部から一斉にパソコンを繋ぐことは想定していなかったのですが、ロックダウン前に支店全員が同時にリモートアクセス可能となり、在宅勤務の準備が整いました。そのときは1、2週間で元に戻るかなと思っていましたけど。

日系企業各社のコロナ対応について、頻繁に意見交換を行ったと話すAさん。

― 会社からはどんなサポートが?

C
自宅で利用していた個人のパソコンが遅くなっていたので、デスクトップと会議用カメラ、ヘッドホンを用意してもらいました。仕事環境を整えるための、机と椅子なども要請すればサポートしてもらえたようです。
B
うちはノートパソコンがもともと支給されているので、私は特に必要なものはなかったのですが、仕事環境や必要品を聞かれ、必要品は可能な範囲で支給されました。
A
物品に関してはうちも一緒です。あと、私は立場的に各日系企業の総務部長の方々と連絡を取らせていただいたのですが、対応が分かれたのが印象的でした。例えば、駐在員を日本に退避させることに関して会社がサポートするかどうか。

―― 具体的には?

A
端的にいうと、航空券代を出すかということです。これに加えて、駐在するにあたって日本の家を引き払っている人もいるので、日本滞在中のホテル代をどうするか。結構な金額になりますよね。帰国を強制するのか、オプションにするのかという判断もありますし。
B
うちは日本からのリモートワークが可能な出向者や帯同家族を、積極的に帰国させました。
C
私たちの会社はすべてオプションで、日本から働きたいかというヒアリングも駐在員全員にありました。ただ、日本から時差を抱えて働くことのメリットを感じられなかったですし、それをやった人もいなかったと思います。
A
駐在員をサポートした場合は、ナショナルスタッフに対してのケアも必要になって、お見舞金を出している会社もありましたよ。対応は各社異なり、対応の早いマネージャーもみられて非常に興味深かったです。

1日のスケジュールをきっちり立てて過ごしたと話すBさん。

コミュニケーションの変化

―― そのほか会社はどのような対応を取られたのでしょう?

C
支店の所属員向けのゲーム等の催しものが定期的に開催されていました。写真コンクールとか、お子さんの塗り絵を共有するようなことも。コミュニケーションを図る目的だと思います。
A
うちは社内に各ビジネスラインがあって、それぞれのトップは少なくとも自分のチームのメンバー、特に単身者に対しては定期的に連絡をとっていました。私自身も最低1回はメンバーの顔を見に行きました。会社からのサポートという面に関して私ができることは限られていて、お見舞金を渡すことはできないんですけど、でも「見ているよ、ケアしているよ」と。
B
素晴らしいですね!
A
そういうことをやっている人がいると聞いて、危機管理とはそういうものなのだろうなと思い、私も実施しました。他社さんで、コロナで精神バランスを崩した人がいると聞きましたし。
C
何が原因だったのですか?
A
日本への帰国を希望したものの、会社から認められずに体調を崩して業務に支障が出たと。ロックダウン当初は1日1回の運動のための外出だけしか認められておらず、先が見えない不安や孤独感があったようです。

―― 在宅勤務を始めてみて発見は?

A
「Zoom」などのオンライン会議ツールにあまり縁がなかったのですが、いざ使ってみると、図面などの資料を共有しやすく、イギリス人との話し合いがよりスムーズになって、いいじゃんこれ! って。「この部分どうする?」ってポインターを合わせて議論ができるので、議論に参加しやすくなりました。
C
確かに、わかりやすいミーティングができるなという感じはします。あと我々のチームではミーティングの数が減少して、仕事が効率化された部分があるのではないかと思っています。
A
私の場合は逆にミーティングが増えたんですけど、みんながアジェンダ(議題)をしっかりと理解してから望むようになったと思います。
B
私は業務的に打ち合わせが多いわけではないので、オンライン飲みですよね(笑)。味をしめちゃって。他拠点の人たちとも、「顔を見ながらお酒でも飲みましょう」って。
A
私もオンライン飲み会をやったんですけど、終わりが見つからなくて不健康でしたね(笑)。
B
そうそう(笑)。あと、うちは普段からスタッフ同士の仲がよく、ロックダウンになって顔が見られない分、上司や同僚と毎日電話で話したり、チャットしたり、より密にコミュニケーションを図るようになりました。
C
私は正式なミーティングが減って顔を合わせる機会が少なくなった分、チームメイトに「調子どう?」と今まで以上に連絡するようにしました。顔文字をよく使うようにもなりました。
AB
(笑)。
C
イギリス人の若い社員も、そいういうのを使ってくるので(笑)。

同僚とのやりとりで顔文字を使うようになったと話すCさん。

自己管理できればいい働き方

―― 時間の使い方という点では?

B
私はメイクアップなどの朝の支度に数時間が必要で、それがなくなったのと、往復2時間の通勤時間がセーブできたのは大きかったですね。ただ、4、5月頃はいつまで続くんだろうという漠然とした不安もあったので、自分で1日のルーティーンを作りました。ですので、特に在宅で不満が溜まったり、運動不足になったりすることはなかったです。お天気もよかったですしね。
A
通勤時間がなくなった分、できることは増えたと思います。それがネガティブに働いた点を挙げると、格段に労働時間が長くなりました。
B
そうですよね。在宅で仕事をするって時間に区切りがないから、忙しい時には遅い時間までずっと…。私だけでなく、同僚もエンドレスに仕事しちゃうって嘆いていました。
C
在宅勤務をしていると、みんながどれくらい働いているかわかりにくいですよね。例えば、上司から何人か宛にメールが入って、すぐに返信しないと、冗談まじりに「あいついないな」となる(笑)。初めの頃、そういうのを自分でも気にしていたので、四六時中メールをチェックしていました。ただ、次第にキリがないと思い、自分をコントロールするようになりました。毎朝起きる時間を決めて一日を開始し、業務にある程度目途がついたら一度走りに行って、必要であれば食後にまた仕事をする、と。運動量が格段に増えたので、体重が3、4キロ減りました。自己管理できれば非常にいい働き方だと思います。
A
在宅でも仕事を回せることがわかって、在宅勤務いいじゃんという話になったときに、ロンドンの人たちと話をしていて意外な反応があったんですよ。私は、若者は在宅勤務を好んでいて、年齢を重ねれば重ねるほど「顔が見えないと評価がしづらい」「そこにいないとさ」って意見が強いと思っていたんです。ところが、周りのイギリス人に聞いてみると逆で、若者はオフィスに戻りたいという意見が強かったんです。「なんで?」って聞くと、ロンドンにはフラットシェアの文化があって若者は他人とリビングやキッチンをシェアしていることが多いから、在宅勤務だとずっと自分の部屋にこもって仕事をすることになるんですよね。それなら早くオフィスに戻りたい、と。なるほどなと思いました。
B
そうですね!
A
新しい発見でしたね。

週刊ジャーニー No.1155(2020年9月17日)掲載

「コロナ時代の働き方」後編のテーマは、「リモートワークの将来は?」です。
今後のテーマ、参加者を募集中!