ホンネで語る!
コロナ禍での出産事情

前編

デメリットに感じたことは?

昨年3月以降、様々な制約下での生活が続いている英国。コロナ禍のロンドンで初出産し、現在育児に奮闘中の日本人女性3名に、パンデミックによる出産体制の変化や困ったこと、あるいはプラスに感じた面など、それぞれの経験をオンライン座談会で語っていただいた(全2回)。
参加者のプロフィール
Aさん/ロンドン北部在住。2021年2月に娘を出産。夫は日本人。
Bさん/ロンドン北部在住。2020年4月末に娘を出産。夫は香港人。
Cさん/ロンドン南部在住。2021年1月に息子を出産。夫は欧州出身。

――コロナ禍での妊娠判明、GPの予約はスムーズに取れましたか?

A
一度もGPには行きませんでした。予約を取ろうと電話したら、「Conglaturations!」だけ(笑)。「妊娠してるか確認しないの?」と聞くと、「薬局の妊娠検査薬の結果は正確だから大丈夫」と。「自分で好きな病院に問い合わせして、ここで産みたい! と意思表示してね。グッドラック!」で終わっちゃって。最初の直接会う検診は12週なんですけど、それまで「本当にお腹にいるの⁉」って心配でした。

――それはコロナ禍だから?

A
「コロナ前からそうしてる」と言ってましたけど、本当かどうかわからないですよね。「子宮外妊娠だったらどうするの?」と聞けば、「破裂したら出血するから、すぐにA&Eへ行って」と。「そんな感じなの⁉」って驚きました。
B
私が妊娠したときはコロナは広まってなかったけど、GPに行きましたよ。ただ私の場合、妊娠する数ヵ月前に糖尿病になっていたので、そのせいもあったと思います。
C
私は日本に帰国中、妊娠がわかったんです。出産はイギリスでするつもりだったので、去年の10月末、8ヵ月のときに戻ってきました。すぐにGPに連絡したけど、Aさんと同じように「病院に直接コンタクトして」と言われただけだったので、私もGPには行ってないですね。

―― 出産する病院は、どのように決めましたか?

A
日本人の評判が知りたくて、「イギリス・出産・病院」でオンライン検索をかけたら、ジャーニーの座談会記事が出てきたんですよ(編集部注:英国の出産事情/2017年掲載)。そこで3人中2人が北ロンドンのウィッティントン病院で生んでいて評価もよかったし、分娩室の写真もあって様子がわかったので、そこに決めました。

残念なことに、旦那さんが1回もスキャンを見れなかったと話すAさん。

―― 平時なら、病院内の見学ツアーがあるそうですが?

A
コロナの影響で、どこも全部ダメでしたね。インターネットで写真は見れるんですけど、10年以上前のものだったりして、今も設備が同じかわからなくて。あと、コロナ患者の病棟がどうなっているのかは、すごく気にしました。患者とすれ違う可能性がどれくらいあるのか、とか。ウィッティントンは産婦人科専用の玄関があったので、それも大きな決め手でした。
B
私はGPで自宅から近い糖尿病専門の病院を紹介されたんですけど、結局は北ロンドンのロイヤルフリー病院を選びました。
C
私は自宅から近い病院で3つ候補があったんですが、その中のひとつのチェルシー&ウェストミンスター病院で、うちのお隣さんが出産したばかりで。コロナ対策などタイムリーな話を聞けたし、ほかにも勧める人が2~3人いたので、そこに決めました。

―― 病院内の様子はどうでしたか?

B
1回目のロックダウンが始まってすぐの頃は、医者もナースもマスクをしていなくて怖かったです。私1人だけマスクをつけている状態でした。
A
私が最初に病院へ行ったのは去年7月だったんですけど、その頃には全員マスクをしていましたね。手の消毒液も入口、各コーナーごとに置いてあって、廊下にも「この道しか歩くな!」みたいな指示が貼ってあり、コロナ対策は完備されてましたよ。
C
私が最初に病院に行ったのは、11月初めの2回目のロックダウンが始まった頃だったかな。病院の混み具合が心配だったんですけど、待合室には誰もいないし、人と会うことがまったくなくて、とても安心しました。

―― コロナ禍での妊娠・出産で、デメリットだと感じたことは?

B
スキャン(超音波検査)での旦那の立ち会いです。私の場合は通常2回のところ4回あったんですけど、最後の方は旦那は来ちゃいけないって言われました。「見たかったのに…」って残念がってたなぁ。
A
私のときは運が悪くて、12週と20週の2回スキャンのどちらも立ち会いNGで、旦那は見れなかったんですよ。これは8月頃にSNSでも運動が起きたみたいです。「同世帯ならレストランで食事をしていいのに、なぜ自分の子どものスキャンが見れないのか」って。なので、今は立ち会えると思います。
C
そうなんですね。私も1回だけスキャンがあったんですけど、最初に病院へ夫と行ったとき、夫は産婦人科の入口から先へ入れなかったんです。外で待ってるのも寒いので、それ以降は1人で行ったのですが、別の妊婦さんのスキャンのときに外から旦那さんが現れて、診察室に入ったんですよ。だからスキャンだけは立ち会えたのかも。
B
あと、去年4月にプレママ・クラス(母親学級)を予約していたんです。出産前のお母さんたちが集まって、ナースから色々な話を聞けるはずだったけど、コロナで全部キャンセルになってしまって。何も知らないまま、お母さんになっちゃったというか…(笑)
AC
私もです!
A
それと外に積極的に出られないので、ベビー用品をそろえるのが大変。ベビーベッドを用意するにも、実物を見れないんですよ。ネットで見ても限りがあるし、ネットを鵜呑みにしてると「あれも買え、これも買え」って出てくるので、家の中が倉庫になってしまうんじゃないかと(笑)。店員に相談もできないし…。

生後6ヵ月用のフルコットつきベビーカーは、1~2回しか使わなかったと嘆くBさん。

―― ロックダウンの解除後に、お店に行かなかったんですか?

A
ベビーカーを買いに近所の子供用品店に行こうとしたら、入店が事前予約制だったんです。しかもベビーカーを押したりできるけど、50ポンドのデポジットが必要で、返金はベビーカーの購入を通してだけ。欲しい商品があるかわからないので行きませんでした。だから、ベビーカーはまだ持ってないんです。近所の散歩だけなので、今のところ抱っこ紐で乗り切ってます。
C
私も買い物はかなり大変でした。2回目のロックダウンが始まる前日にウェストフィールド・ショッピングセンターに駆け込んだものの、ほとんど買い物ができなくて。ロックダウンが明けた12月あたまに別のお店に行ったら予約制だったので、その場で予約して1時間後に出直しました。ベビーカーを買ったのも生まれてからです。

―― Bさんはコロナ禍の前に、じっくり買い物をできましたか?

B
それが土曜日も働いていたので、全然準備ができなくて。予定日の1ヵ月くらい前から休みをもらって、買い物に行こうと思っていたのに、ロックダウンになっちゃった(苦笑)。だから私もベビーカー探しは大変でした。でもこんなにコロナが長引くとは思わなかったから、結局「使わなかったよね?」って(笑)。ベビーコット(新生児用の小さなベッド)も載せられる大きなものを買ったんですけど、1~2回しか使わなかった…。
C
わかる!
B
コロナがどれだけ続くかわからないけど、ベビーカーはすぐには買わなくていいと思います(笑)
C
あとデメリットは、みんなとせっかくの貴重な瞬間をシェアできないこと。本当は両親をイギリスに呼びたかったけど、それも無理だったし。
B
そうですよね。私の両親はロンドンに住んでるけど、それでもほとんど会えていません。友達も娘に会いたいと言ってくれるけど、自分の車で来てくれるならいいのですが、公共交通機関を使うとなると、ちょっと不安で…。
C
お披露目はもう少し先ですね。
B
あとはGP。うちの子は低体重だったのに、あっという間に大きくなっちゃって。ミルク与えすぎかな、大丈夫かなと心配でGPに電話しても「レッドブック(母子手帳)を見て標準体重なら大丈夫よ」だけ。自分でネットで調べると、どんどん不安になって。
A
10分でもいいから、直接診てほしいですよね。

―― コロナ禍だから、GPで診てもらえないんですか?

A
今は電話コンサルだけですね。子どもに発疹が出たから電話したときも「写真撮って送って」と言われた後、3日も返事がない。催促したら「写真撮って送って」。イギリスあるあるですよ! 結局、薬を出してくれたんですけど、実際に診てもらっていないのに、これを塗って大丈夫なのかなと心配で。
B
わかる、その気持ち。
A
電話越しの医療英語ってすごく難しい。発疹ひとつをとっても「あせも」やら「〇〇菌性の湿疹」やらあって。直接診てもらえれば一瞬で済むのに。

―― そうした医療英語は、どのように学んだのですか?

A
電話で話すときは目の前にパソコンを置いて、どんなに相手が嫌がろうと「スペルを言って」と頼んでます。「Never mind.」で終わらせようとするミッドワイフ(助産師)もいるので、「日本語名がわかれば、どういうものか絶対にわかるから!」と根気強く訴えて。とくに最初の電話問診では、「親がこの病気にかかったことはあるか?」と頻繁に質問されるから、妊娠した段階で自分と旦那さんの母子手帳を見て、予防接種の記録や親の持病など、英語で答えられるようにしておいた方がいいと思います。(後編へ続く)

生後2週間の「ニューボーン・フォト」を記念に撮りたかったものの、ロックダウンで諦めたCさん。

週刊ジャーニー No.1184(2021年4月15日)掲載

「コロナ禍での出産事情」後編のテーマは、「メリットとオンラインの充実」です。
今後のテーマ、参加者を募集中!