3色の組み合わせが春を演出
アスパラガスの洋風押寿司
 

所要時間 25分

 


 

(幅8センチ×長さ15センチの型を使用)
アスパラガス
ご飯
【A】
 白ワインビネガー
 粒マスタード
 ハチミツ
 塩

すりゴマ
スモークサーモン
マヨネーズ
炒り卵
プチトマトなど好みのトッピング

 
100g
1合分

大さじ1
小さじ1
小さじ2
少々

小さじ2
120g
大さじ1
卵1コ分
適量


 


アスパラガスを色よく茹でる。たて半分に切った後、型の長さにあわせて切りそろえておく。
ご飯が熱いうちに【A】とすりゴマを手早く混ぜて、あおいで冷まし、すし飯を作る。
卵1コに、みりん小さじ2、塩少々(ともに分量外)を加えて炒り卵を作る。
押し型、またはラップをしいた長方形のタッパーに、②のすし飯の半量をしき、その上にマヨネーズをぬり、スモークサーモン、アスパラガスの順にしきつめる。
④の上に同じ要領で、②のすし飯の残り、マヨネーズ、サーモン、炒り卵を順にしきつめ、最後にアスパラガスをのせて、上からしっかり押す。
水でぬらした、よく切れる包丁で⑤を切り分け、好みのトッピングで飾って召し上がれ。


細め(fine)のアスパラガスが手に入れば、①でたて半分に切る必要なし。
スモークサーモンは、トリミング(切れ端)のパックを使うと、食べやすく、かつ経済的。普通のスモークサーモンを使用する場合は、小さめに切ってから使うと良い。
マヨネーズの量はひかえめにしたほうが切り分けやすく、かつ仕上がりが美しい。
スーパーで手に入る「lumpfish caviar」(ダンゴウオの卵)を飾りつけに使うと豪華な飾りつけが実現=写真中央。

 

 

YUKIKOさん

料理:YUKIKO
英国からの帰国後、東京にて和菓子教室Y-anを主宰。海外で作りやすい和菓子などについて提案・アドバイス実施中。一時帰国の折に、ぜひお問合せください。たまに渡英レッスンもあり!?
ウェブサイトブログ http://y-an.jp

  2013年3月28日 No.772