体の芯まで温まるスペイン風の1品
フェンネルと生ソーセージの煮込み
 

所要時間 35分

(煮込む時間を含む)

 


 

白いんげん豆の水煮

 

 

オーガニックのブイヨン(ストック)を使いたい場合には、この「Kallo」社のものがお薦め。

フェンネル
生ソーセージ
じゃがいも
白いんげん豆butter beansの水煮
ブイヨン
塩こしょう
エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル
粗挽き黒こしょう(あしらい用)
フェンネルの葉(あしらい用)

1~2株
8本
大2コ
1缶
材料が浸りきるまで
適量
適量
適量
適量


 


フェンネルは緑の茎部分を切り取り、株の白い部分を6~8等分に縦に切り分ける。じゃがいもは、皮をむき一口大に切る。
深鍋にフェンネル、生ソーセージ、じゃがいも、白いんげん豆(缶汁ごと)を入れ、ブイヨンを材料が浸りきり、さらにそれより少し上にくるまで注ぐ。中火で蓋をして野菜類が軟らかくなるまで約30分煮る。塩こしょうで味を調える。
器に盛り、エクストラ・ヴァージン・オリーブオイルを上から回しかけ、黒こしょうをふる。。


スープも美味しくいただけるので、ナイフ&フォークとスプーンで食せばポトフ風の1品に。

①で、フェンネルの芯を残したほうが、ばらけずに美しく仕上がる。

煮込む途中、アクをまめにすくうと澄んだスープになる。

 

 

松尾奈々さん

料理:松尾奈々
大阪辻学園調理技術専門学校を卒業した後、同校西洋料理セクションにて勤務。その後、フランス、スペイン、ドイツ、スイス、香港、米国、英国に暮らす。2016年8月より、ドイツ(デュッセルドルフ)在住。
【お問合せ先】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  【ブログ】http://naniboni.exblog.jp/

  2013年1月31日 No.764