おもてなしの席にもお薦め
セロリのケーク・サレ
 

所要時間 65分
(焼き時間55分を含む)


 


キャラウェイはセリ科の植物で、和名は「ヒメウイキョウ」。種子のように見える果実を、香辛料として用いる。キャラウェイには人や物を結びつける効力があると信じられていたため、惚れ薬の材料に使われることもあったという。

セロリ(すりおろしたもの)
(飾り用、2センチ幅に切ったもの)

サラダ油

砂糖
牛乳
シングルクリーム
パンチェッタ pancetta
薄力粉
ベーキングパウダー
キャラウェイシード caraway seed

80g
30g
1コ
80ml
5g
15g
80ml
120ml
20g
170g
小さじ1
適量


 


ボウルに、卵、サラダ油、塩、砂糖、牛乳、シングルクリームを入れて混ぜる。
セロリ(すりおろしたもの)と、みじん切りにしたパンチェッタを①に加える。
ふるった薄力粉とベーキングパウダーを入れ、ゴムベラでさっくり混ぜる。
オーブンペーパーを敷いたパウンド型に、生地を流し入れる。上に飾りのセロリを並べ、キャラウェイシードを散らし、180度に予熱したオーブンで、約55分焼けば出来上がり。


②で加えるパンチェッタは、イタリア料理に使われる塩漬けの豚バラ肉のこと。普通のベーコンでもOK。また、バンチェッタ(ベーコン)の量を増やすとボリュームがアップ。ただ塩気が強まるので、その分、加える塩の量を控えめにすること。
モチモチした食感がお好きな方は、③で、泡立て器でよく混ぜ合わせると良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松尾奈々さん

料理:松尾奈々
大阪辻学園調理技術専門学校を卒業した後、同校西洋料理セクションにて勤務。その後、フランス、スペイン、ドイツ、スイス、香港、米国、英国に暮らす。2016年8月より、ドイツ(デュッセルドルフ)在住。
【お問合せ先】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  【ブログ】http://naniboni.exblog.jp/

  2012年9月13日 No.745