こってり、だけどもたれない
キャベツうまうまドリア
 

所要時間 20分


 

キャベツ
鶏肉
だし汁
ダブルクリーム
パルメザンチーズ
バター
塩コショウ
レモン
パセリ(またはミント)
<バターご飯>

バター
にんにく(みじん切り)
<香草パン粉>
パン粉
しょうゆ
にんにく(すりおろし)
オリーブオイル
パルメザンチーズ

1/4個
120 g
大さじ4
大さじ3
大さじ3強
適量
適量
適量
適量

茶碗2杯弱
適量
1片

大さじ1
大さじ1
半片
大さじ1
大さじ1


 


バターとにんにくでご飯を炒める。炒めたらグラタン底に敷いてスタンバイ。
しょうゆとにんにくのすりおろしを溶き、オリーブオイル、パルメザンチーズを加えて香草パン粉を作っておく。
バターでひと口大に切った鶏肉と1センチ幅に切ったキャベツを炒め、しんなりしたところで、だし汁を入れ、汁気がなくなってきたらダブルクリームを加え、塩コショウで味を調える。
アツアツの③にパルメザンチーズを入れ、火を止める。ざっくりと混ぜてトロッとなるようにする。
①のご飯の上に④をのせ、その上に香草パン粉を散らして、約200度のオーブンで焦げ目が付くまで、10分ほど焼く。
レモンとみじん切りのパセリ(またはミント)をかけて召し上がれ。


パルメザンチーズが塩加減の決め手になるので、鶏肉を炒める時の塩コショウは控えめに。

 
料理:笠めぐみ
在ロンドン歴8ヵ月。英人にも好まれる和食レシピを考案中。

 

  2007年7月12日 No.480