おもてなしに最適
カリカリチキンのミルフィーユ
 

所要時間 20分


 

トマト
皮付き鶏もも肉
クリームチーズ
塩コショウ
片栗粉
タレ
 しょうゆ
 みりん
 砂糖
 酒
 にんにく
 ごま

1コ
3枚
大さじ3
適量
適量

大さじ3
大さじ3
大さじ1強
大さじ1
2かけ
適量


 


皮付き鶏もも肉は骨をとり、たたいて伸ばし、半分に切る。
鶏もも肉に軽く、塩コショウをして片栗粉をまぶす。熱したフライパンに油をしき、表面から焼き、キツネ色になったら裏返し、フタをして弱火でゆっくり焼く。
鶏もも肉を焼いている間に、別のフライパンで厚さ1.5センチに輪切りにしたトマトを焼く。両面が焼けたら、混ぜ合わせておいたタレを入れ、照りがついた時点で火を止める。
鶏もも肉に火が通ったらフライパンから一旦取り出し、少し多めの油をしき直して、皮面をカリッとするまで二度焼きする。
器にトマトと鶏もも肉とクリームチーズを交互に重ね、残ったタレをかけ、ゴマをふりかけて召し上がれ。

 


チキンは二度焼きすることでカリカリ感が増します。

 

 

料理:笠めぐみ
在ロンドン歴8ヵ月。英人にも好まれる和食レシピを考案中。

 

  2007年8月9日 No.484