まるごとイケちゃう!やみつきになる美味しさ
キャベツステーキ
 

所要時間 20分


 

 


アンチョビは
ペーストを使うと便利。

キャベツ pointed cabbage
白ワイン
にんにく
鷹の爪
生クリーム(シングル)
アンチョビ(ペーストなら4cm程度)
ケイパー(酢漬けのものを汁ごと)
白ワインビネガー
塩コショウ
オリーブオイル

1コ
大さじ3
1片
1本
1/2カップ
2枚
大さじ1
大さじ1
少々
適量


 


キャベツは芯のところだけ落とし、4等分くらいに大きめに切る。にんにく、アンチョビはみじん切り。鷹の爪は種をとって小口切り。
深めのフライパンにオリーブオイルをひいてキャベツを焼く。表面に焼き色をつけ、白ワインを入れ、蓋をしてしんなりするまで蒸す。
ソースを作る。フライパンに多めのオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて火にかけ香りが出てきたらアンチョビ、ケイパー(汁ごと)、白ワインビネガーを入れてよく混ぜる。最後に生クリームを入れたらさらによく混ぜ、なじんだら火を止める。固いようだったら、白ワインでのばし、塩コショウで味を調える。
蒸したキャベツの上に③のソースをかけて召し上がれ。


日本で作る場合は軟らかい春キャベツを使うと美味しくできる。
キャベツは少し焦げ目がいているほうが美味しい。蒸すときは軟らかくしすぎないように要注意。
ソースは、生クリームを入れたら加熱しすぎないこと。

 

 

矢島由希子さん

料理:矢島由希子
アクトンにて料理教室開催中。
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

  2008年7月24日 No.533