体があったまります
鴨つくね南蛮
 

所要時間 20分


 

[つくね]
鴨の胸肉 duck
パン粉とミルクを同量合わせたもの
スプリングオニオン(みじん切りに)
おろししょうが

[スープ]
玉ねぎのスライス
リーク leek(2cmにカット)
しょうがのスライス
濃い目のだし汁
しょうゆ
みりん
ベジタブルオイル
七味、そば


1枚
半カップ分
2本
1cm角分
1個分

半個分
1本
2枚
700~1000ml
大さじ1程度
大さじ1程度
適量
適量


 


鴨は皮を取り除き、小さくカットしてフード・プロセッサーに入れる。パン粉とミルクを合わせたもの(ミルクが多すぎるようなら適度に絞る)、しょうが、スプリングオニオン、溶き卵も同様にプロセッサーに入れ、滑らかになるまで混ざったら、塩で味を整える。
だし汁にしょうゆ、みりんを加え、味を整えて一旦沸騰させる。
そばは茹でておく。
①のつくねのタネをボール型に形成し、②のスープに入れる。
2センチ程度の長さに切ったリークを、フライパンで表面に焼き色をつけた後、④に入れ、火が通ったら火を止める。
⑤を器に盛り、茹でたそばを添えて出来上がり。七味をふって召し上がれ。


プロセッサーがない場合は包丁で叩くだけでも可。
スープは、そばのつけ汁とする場合は少し濃いめに、スープとしていただく場合は薄めに、と味付けはお好みで調節して。

 

 

ひらぬまゆうこさん

料理:ひらぬまゆうこ
南ロンドンでヨーロッパのお料理レッスン(www.millyskanda.com)、イギリスのお菓子レッスン(www.millyskanda2.com)を開催しています。
お問い合わせ 【TEL】020-8244-2176  【メール】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

  2008年12月11日 No.553