旨みを閉じ込め、中はふっくら!

シーブリーム(鯛)の塩釜焼き

所要時間50分

材料(3~4人分)
シーブリーム・・・・・1尾(400~600g)
※内臓&ウロコの処理をした丸魚を使用。
卵・・・・・2コ
小麦粉・・・・・大さじ1.5
塩(魚と同量)・・・・・600g
※食卓塩(テーブルソルト)、もしくはロックタイプでない天然塩でOK。細かいほうが扱いやすい。

作り方画像

作り方

  • オーブンを200℃に予熱しておく(ファンのみか上下のバーのみ、もしくは上下のバー&ファンの設定で)。
  • ボウルに卵をとき、塩、小麦粉を加え、全てよく混ぜ合わせて固めのペースト状にする。
    ここがコツ!小麦粉を加えることにより、硬いクッキー生地のように塩が固まり、焼きあがったあと気持ちよくきれいに割れる。
  • オーブントレイもしくは耐熱皿にホイルを敷き、薄めに②を敷き詰める(シーブリームが乗るくらいの面積に広げる)。
  • ③の上にシーブリームを置き、残りの②をシーブリームの表面にのせていき、魚全体が覆われるように丁寧に固める。
  • 200℃のオーブンの下段で30~40分焼き、ほんのり塩が色づいてきたら取り出す。
  • 5分ほど冷ませば出来上がり=写真下。大きな包丁の背もしくは金槌などで塩を叩き割ってから食卓へ。

週刊ジャーニー料理レシピ【ごくウマ3選】取材風景

プリヒル姉さん

料理:プリヒル姉さん
ロンドンのプリムローズヒルにある仏系魚屋勤務(日本時代をあわせて魚屋歴22年)。毎週木曜日はマーブルアーチにできた2号店にて勤務。
【ブログ】http://blogs.yahoo.co.jp/vivi1017press
La Petite Poissonnerie
■プリムローズヒル店 75A Gloucester Avenue, London NW1 8LD(月曜定休)
■マーブルアーチ店 19 New Quebec Street , London W1H 7RY(日・月曜定休)Tel: 07588 393 995(日本語)

週刊ジャーニー No.1062(2018年11月22日)掲載