小さめに作ってお出かけのお供にしても◎!

簡単!ソーセージ・ロール

所要時間50分

 
材料(2~3人分)
ソーセージ・・・・・6本(375~450g)
リンゴ・・・・・1コ(150g程度)
クルミ・・・・・30g
オニオンチャツネ・・・・・大さじ4~5
パフ・ペーストリー(市販)puff pastry sheets・・・・・適量
小麦粉・・・・・適量
卵・・・・・1コ
ミルク・・・・・大さじ1

作り方画像

作り方

  • オーブンを220℃に予熱する。
  • ソーセージ(お好みの味のものでOK)の薄皮を切り、中身のミートを取り出して大きめのボウルに入れる。
  • リンゴ(品種は何でも可。今回は「Pink Lady」を使用)を皮ごとみじん切りにする。小さく砕いたクルミとともに②に加えてよく混ぜる。
  • ③のタネを2等分にし、ボウルの中で軽くまとめる。
  • 市販のパフ・ペ-ストリー(今回は「Jus-Rol」社のものを使用)は少し厚みがあるので、小麦粉をしいた平らな作業台などの上に置き、麺棒を使って軽く伸ばす。約60センチ×30センチ程度の大きさにする。
  • ⑤を縦長に半分にカットする。それぞれの中央のラインに沿って、オニオンチャツネを薄く塗り、④のタネを細長く置く。パフ・ペーストリーの端に卵とミルクを混ぜ合わせたものを「のり」の代わりに塗って筒状に巻き、形を整える。
  • つなぎ目が下にくるように置き、包丁の背などで好きな大きさに切り揃える。表面に飾り切り(キッチンバサミで入れると簡単)を入れたら、ツヤ出し用に、卵とミルクを混ぜ合わせたものの残りを表面に薄く塗ってオーブントレイに並べる。
  • 220℃のオーブンで約30~40分、軽く焼き色がつくまで焼けば出来上がり。

Point

●⑦で切り揃える際、合計12コ程度にするのが目安。さらにこの半分の大きさにして、ピクニックなどのお出かけ用にするのもお薦め。

週刊ジャーニー料理レシピ【ごくウマ3選】取材風景

料理:クラウチ美和
West LondonおしゃべりCooking主宰。イギリス料理はもちろん、イタリア、フランス、スペイン、地中海、中東料理など、自身で食べて美味しいと感じた料理を自己流に再現、簡単で見た目豪華にアレンジしたおもてなし料理の教室を開催しています。お気軽に遊びに来てください。ブログ、ご連絡はこちらへ。
【ブログ】http://ameblo.jp/miwapucci

週刊ジャーニー No.1058(2018年10月25日)掲載