缶づめ利用で、火を使わずにできる簡単メニュー!

ごま衣サーディンと梅ご飯丼

所要時間10分(ご飯を炊く時間は除く)

材料(2人分)
サーディン(オイル漬け缶づめ)・・・・・ 2缶(150g程度)
練りごま(またはタヒニ)・・・・・ 大さじ2
しょうゆ・・・・・大さじ1
砂糖・・・・・適量
煎りすりごま(白または黒、お好みのもの)
・・・・・大さじ3~4
きゅうり・・・・・1/3本分
ラディッシュ・・・・・4コ
塩・・・・・適量
ご飯・・・・・2人分
梅ピューレ・・・・・小さじ1/2~1
スプリングオニオン(小口切)・・・・・大さじ2

作り方画像

作り方

  • 練りごま、しょうゆ、砂糖を合わせて混ぜ、ダブルクリーム程度の濃度になるように水(分量外)で調節する。
  • きゅうりとラディッシュは、ともに薄切りにする。軽く塩もみしてから、水分を絞る。
  • 缶からサーディンを取り出して、①のゴマだれにつける。
  • ③のサーディンの表面に煎りすりごまをたっぷりとまぶす。
  • ご飯に梅ピューレを混ぜ、器に盛り付ける。
  • ⑤の上に①のゴマだれをまわしかけて④のサーディン、②のきゅうりとラディッシュ、小口切りにしたスプリングオニオンを盛り付ければ出来上がり。

Point

①のゴマだれの濃度を調整する際、水のかわりにだし汁を使うとさらに美味。梅ピューレは、タネを取り除いた梅干をつぶすか、市販の「umeboshi plum purée」(ウェイトローズ、オーガニック食料品店などで購入可)を使用する。
ひらぬまゆうこさん

料理:ひらぬまゆうこ
南ロンドンでヨーロッパのお料理レッスン(www.millyskanda.com)、イギリスのお菓子レッスン(www.millyskanda2.com)を開催しています。
お問い合わせ 【TEL】020-8244-2176  【メール】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

週刊ジャーニー No.1003(2017年9月28日)掲載