ロックダウンが明けたら…<br />そうだ!英国の花畑へ行こう。

■ ロックダウン解除に向けて着々と世の中が動き出し、暗い迷宮からの脱出口が見えてきた今日この頃。 「ロックダウンが明けたら何をしよう?」「とはいえ、人混みの中に出かけるのはまだ控えたい…」。そんなステイケーション派にお勧めしたいのが、自然を満喫できるスポット。ビタミンF(FはFlower)で心身ともにリフレッシュしながら、英国の春夏を心置きなく楽しもう!
※2021年3月15日現在の情報です。オープン期間、事前予約の有無などは、各ウェブサイトにてご確認ください。

●征くシリーズ●取材・執筆/本誌編集部

見頃は3月末! ステイローカルで、散歩がてら楽しむ桜

【Swiss Cottage】広場に並ぶソメイヨシノ

地下鉄スイス・コテージ駅の近くにある、図書館とレジャー・センター前の広場では、日本を彷彿とさせるようなソメイヨシノ系の桜並木を楽しめる。

Swiss Cottage Open Space, London NW3 3NR
最寄り駅: Swiss Cottage

【Alexandra Palace】ロンドンを一望、高台の桜並木

北ロンドンのランドマーク「アレグザンドラ・パレス」では、ロンドンの景色とともに桜を眺めることができる。

Alexandra Palace Way, London N22 7AY
最寄り駅: Wood Green / Alexandra Palace
www.alexandrapalace.com

【St James's Park】英国ならではの春景色

© Garry Knight

湖のまわりやバッキンガム宮殿に続く道沿いなど、英国らしい風景の中に溶け込んだ、風情のある桜が見どころ。

London SW1A 2BJ
最寄り駅: St.James's Park / Charing Cross / Green Park
www.royalparks.org.uk/parks/st-jamess-park

【Regent's Park】桜と春の花々の競演

© The Royal Parks

地下鉄リージェンツ・パーク駅近くの「Avenue Gardens」やヨーク橋付近の「Community Wildlife Garden」に、桜の木が立ち並ぶ。

London NW1 4NR
最寄り駅: Regent's Park
www.royalparks.org.uk/parks/the-regents-park

【Kensington Gardens】ケンジントンの桜

地下鉄ランカスターゲート駅近くの「Italian Gardens」周辺、ロイヤル・アルバート・ホール近くの「East Albert Lawn」に多くの桜あり。

London W2 2UH
最寄り駅: Lancaster Gate / South Kensington
www.royalparks.org.uk/parks/kensington-gardens

【Greenwich Park】八重桜のトンネル

グリニッジ・パークにある「Ranger's House」へと続く1本道には、濃い色の八重桜が並び、まるでトンネルのよう。

Ranger's House, Greenwich, London SE10 8QX
最寄り駅: Greenwich
www.royalparks.org.uk/parks/greenwich-park

花の見頃4月中旬~5月 春を告げる「青い絨毯」ブルーベル

おすすめ【Ashridge Estate】

新緑とブルーベルの青紫が美しい、妖精が住むと言われる「ブルーベルの森」。ロンドンから車で1時間で行ける、英国で最も有名なブルーベルの名所が、ナショナル・トラストが管理するアッシュリッジ・エステイト。

Moneybury Hill, Ringshall, Near Berkhamsted, Herts HP4 1LT
www.nationaltrust.org.uk/ashridge-estate
入場料:£2.50

そのほかの名所
Heartwood Forest / The Chilternsなど

花の見頃4月下旬~5月日本庭園に迷い込むツツジ/シャクナゲ

おすすめ【Richmond Park】

© Diliff

リッチモンド・パークにある「イザベラ・プランテーション」では、見渡す限りのツツジやシャクナゲを楽しめる。とくに、池の水面に花々が反映する様子は見事。

Isabella Plantation, Richmond, London TW10 5HS
www.royalparks.org.uk/parks/richmond-park
入場無料

そのほかの名所
Cannizaro Park / Hampstead Heath(Kenood House)など

ジャーニー特集記事へGO!

花の見頃6月 イングランドの国花 バラ

おすすめ【Regent's Park】

ロンドンで最大のバラ園を持つリージェンツ・パーク。リージェンツ・パーク駅の近くに広がる「クイーン・メアリーズ・ガーデンズ」には、1万2000株以上のバラが植えられている。

Queen Mary's Gardens, London NW1 4NR
www.royalparks.org.uk/parks/the-regents-park
入場無料

そのほかの名所
Hyde Park(The Rose Garden) / Mottisfontなど

花の見頃ラベンダー6月中旬~8月下旬、ヒマワリ8月中旬~下旬 丘に広がる紫色の世界 ラベンダー

おすすめ【Hitchin Lavender】

鮮やかな紫色と豊かな芳香が一面に広がる、「ハーブの女王」ラベンダー畑。ロンドンから車で1時間半で行けるヒッチン・ラベンダーでは摘み取りも可能。8月には隣りのヒマワリ畑も満開に。

Cadwell Farm, Ickleford, Hitchin, Herts SG5 3UA
www.hitchinlavender.com 
入場料:£7

そのほかの名所
Mayfield Lavender / Castle Farmなど

ジャーニー特集記事へGO!

週刊ジャーニー No.1180(2021年3月18日)掲載