パルメザンチーズ入りの衣が美味しさのヒミツ
なすカツ
 

所要時間 20分

材料(4人分)
 


今回はウェイトローズの「Cook's Ingredients: A Handful of Soft White Bread Crumbs」を使用。肉の売り場に置いてあることが多い。

なす
薄力粉

パン粉
パルミジャーノレッジャーノ
(すり下ろしたもの)
サラダオイル(揚げ油用)
キャベツ(千切り)
中濃ソース(お好みで)

2本
大さじ2
1コ
カップ1(200cc)程度

大さじ2
適量
適量
適量


 


なすはヘタを取り、皮をぐるりと全てむく。2センチ程度の厚さに切り、水にさらした後、水気をキッチンペーパーなどでよくふき取っておく。
パルミジャーノレッジャーノ(パルメザンチーズ)はすり下ろして、パン粉と混ぜ合わせておく。
なすに薄力粉、溶き卵、パン粉の順に付けて、中温(170℃)の油でカラリと揚げる。
お好みで中濃ソースをかけて召し上がれ。


繰り返しになるが、なすを揚げる時には水がはねやすいので、①では、特にしっかりと水気をふき取ること。
日本のキャベツ(季節限定ながらテスコで購入可)が手に入らない場合は、ポインティッド・キャベツで代用可。

 

 

金澤みずえさん

料理:金澤みずえ
北ロンドンで料理教室をやっています。
日々更新しているブログ、レシピ動画( https://www.youtube.com/c/MizueK)とともにどうぞよろしく。
【ブログ】http://mizue20.wordpress.com 【メール】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

  2014年7月24日 No.840