チキンで作るより格段に手軽!
うずらの参鶏湯(サムゲタン)風
 

所要時間 20分
(煮込む時間を除く)

ingredient_2people.gif
 

うずら
もち米
松の実
くこの実goji berry
くり(缶詰など調理済みのもの)
しょうが
ねぎ
大根
にんにく

鶏ガラスープの素

干し椎茸
塩、コショウ

1羽
25g
小さじ1
小さじ1
2つ
少々
1本
40g
1片
500ml
小さじ1
大さじ1
1枚
適量


 


もち米は洗ってザルにあげ、水を切っておく。干し椎茸をぬるま湯で戻す。
うずらは、足の先端を切り落とす。次に腹の内部をきれいに洗い、水気を拭き取ってから、①のもち米、松の実、くこの実、砕いたくりを中に詰める。楊枝で口をとめ、足をひもで縛る。入りきらなかった具は、スープに直接入れる。
しょうが、大根は薄切りにしておく。ねぎは3センチほどの長さに切り、干し椎茸は細かく刻む。にんにくは皮をむいておく。
なべに、水と鶏ガラスープの素、椎茸の戻し汁、酒、②のうずら、③の野菜を入れ、煮立ったらアクをとる。落とし蓋をして弱火で1時間半~2時間、柔らかくなるまで煮込む(水が減ったら必要に応じ、水を加える)。圧力鍋を使う場合は、圧をかけて約20分、調理する。
塩で味を調えれば出来上がり。


内臓が残っていると苦味になるので、②でよく洗う。また、煮込んでいるあいだにもち米がふくらんでくるため、②では、中にあまり詰め込みすぎないこと。
うずらの肉が、ホロリと取れるくらいまで煮る。
④で使う落とし蓋は、なべの大きさにあわせて切ったクッキングシートの中央に小さな穴を開けたもので代用可。

 

 

YUKIKOさん

料理:YUKIKO
和食大好き。大福など手作り和のおやつ、お料理教室をNW1にて開催しています。
【ブログ】Y庵ウェブサイト・ブログ

  2014年4月10日 No.825