飲んだら食べたくなる
ねぎ油の汁かけ親子丼
 

所要時間 30~40分


 

炊きたてのごはん
鶏胸肉

ねぎ


しょうゆ
ごま油
豆板醤
みりん

サラダオイル

4膳分
400g
2コ
4本
大さじ2
小さじ1.5
小さじ1
大さじ4
小さじ1~2
小さじ1
ひとつまみ
少々


 


鍋に鶏肉、熱湯1リットル、酒と塩を入れ、中火にかけて約20分ほど煮る。
鶏肉に火が通ったら、そのまま蓋をして冷ましておく。
小さなボールに卵を割入れ、みりんと塩ひとつまみで調味する。フライパンに薄くサラダオイルを敷き、卵液約1/4を流し入れ、表面が乾いて固まって来たらひっくり返し、数秒したらまな板の上などに取り出す。これを数回繰り返し薄焼き卵を作る。
出来上がった薄焼き卵を、長さ約5センチの細切りにして、錦糸卵にする。
②の鶏肉を取り出し、細かく手でほぐしておく。鶏肉を取り出したスープは再び火にかけ、しょうゆを加える。味をみて、足りなければ塩で少し濃いめの味に調節し、そのまま弱火にかける。
フライパン、もしくは小さな鍋にごま油と小口切りにしたねぎ、豆板醤を入れ、弱火にかけ、ねぎ油を作る。ねぎが香ばしくなるまで6~7分、時々混ぜて火を通す。
⑥を作っている間に、丼にご飯を盛り、鶏肉と錦糸卵をのせる。上から、⑤の煮立ったスープをひたひたになる程度にかける。
ねぎ油のねぎがこんがりときつね色になったら、上からジューッとかけて出来上がり。熱々を召し上がれ。

 

 

金澤みずえさん

料理:金澤みずえ
北ロンドンで料理教室をやっています。
日々更新しているブログ、レシピ動画( https://www.youtube.com/c/MizueK)とともにどうぞよろしく。
【ブログ】http://mizue20.wordpress.com 【メール】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

  2010年7月22日 No.635