gudaguda_title.jpg

■ 第27話 ■
コロンブスはヤバいよヤバいよー

▼黒人のジョージ・フロイド氏が白人警官に首を圧迫されて死亡した事件。その後、全米各地に広がったデモや暴動はイギリスにも飛び火した。ブリストルでは奴隷売買で巨万の富を築いた似非慈善家の銅像が引きずり倒され、海に投げ棄てられた。一方、フロイド氏が殺害された米ミネソタ州ではコロンブスの銅像が倒され、湖に放り込まれた。マイアミやフロリダのコロンブス像はスプレーで落書きされ、ボストンのコロンブス像は斬首された。なんでコロンブス? 新大陸を発見した英雄なのに?

▼コロンブスが英雄? 誰が言った? 私が言った。コロンブスは英雄どころか、カリブ海や南米で先住民相手に略奪と殺戮を繰り返した大悪党だ。ジェノヴァ(現イタリア)出身のコロンブスは「大西洋を西に進めばインドにさくっと行けるよー」と大嘘ぶっこいてスペイン王を説得、出資させて船出した。2ヵ月ほどでカリブ海の島に辿り着いた。そこで出会った先住民族の肌の色からコロンブスはインドに辿り着いたと確信した。そして先住民をインディオ(インド人)と呼んじゃった。コロンブスが「インドちゃうやん、新大陸やん」と認めていたら今頃アメリカはコロンビアと呼ばれていたはずだ。その後やってきたアメリゴ・ヴェスプッチが「これインドちゃうやん、大陸やん」と公言したため、新大陸は彼の名をとってアメリカとなった。ヨーロッパの人はこの段階でここがインドじゃないと気づいた。なぜこの時、インディオとかインディアンと呼ぶのを止めなかったのだろう? ここで訂正しておかないから今でもインドが2つあるかのような面倒なことになっちゃった。

コロンブスですけど、なにか?

▼今の教科書が何と教えているのか知らないがコロンブスは新大陸を発見していない。だってそこには1万年近く前に新大陸を発見したモンゴロイド系の先住民が既に生活し高度な文明を築いていた。コロンブスはその遥か後からやって来て彼らと遭遇し、略奪、殺戮した侵略者だ。「コロンブスが新大陸を発見」というのはヨーロッパ目線のフィクションであり、暗黒の歴史を純白に塗り替える偽装工作に過ぎない。前号で語った大英博物館の「クリーニング・スキャンダル」と同じ構造だ。

▼テストで「コロンブスって誰?」という問いがあれば「大西洋航路を開拓した西洋人」と書けば間違っていない。さらに「私利私欲のためにカリブ海や南米の先住民に対して略奪、強姦、殺戮を繰り返して奴隷にし、疫病をまき散らして人口を激減させた。その後アフリカから大量の黒人奴隷を連れて来て家畜のように酷使するスペインやポルトガル、オランダやフランス、そしてイギリスといった侵略者たちの先駆けとなった大悪党」と書けば私ならはなまるをあげて頭なでちゃう。しかし実際にこう書くと恐らく「×」になっちゃう。テストでいい点取るためには妥協や迎合、忖度も必要だ。それが大人になるってことだ。

▼今回全米各地でコロンブスの銅像が破壊されたというのは、アメリカでも正しいコロンブス像が認識され始めているという意味なのだろうか。ここイギリスでも、なぜこんなに多くの黒人がイギリスにいるのかを知らずに黒人を差別している人が多い。誰にだって知りたくない、知られたくない過去はある。しかしフロイド氏の死は今、大きなうねりとなって白人社会に負の遺産の重みを突き付け始めた。人種問題は難しいけど大切だからもう少し続けるぜ。チャンネルはそのままだぜ!

週刊ジャーニー No.1147(2020年7月23日)掲載

他のグダグダ雑記帳を読む