ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

ロンドン東部に怪しい酒バーがオープンしていた…

この数年でみるみる変化し、若いロンドナーを魅了しているイースト・ロンドンのダルストン。7月に酒バーがオープンしたという情報を聞きつけ、足を運んでみました。

場所はダルストン・ジャンクション駅から徒歩5分のキングズランド・ロード沿い。平日午後7時ごろ訪れてみると、店の前にはスツールが置かれ、それなりににぎわっている様子。だけど、店構えのピンクのネオンがちょっと怪しい…。

入り口は花柄の派手な壁紙で彩られ、ますます怪しい雰囲気…。

ですが、中は案外普通。ほっ。


ノース・ヨークシャー出身のオーナー、ジェイクさんによると、東京の新宿ゴールデン街の大ファンで、その影響を受けてこの店をオープンさせたとのこと。納得。ロンドンでじわじわ人気を高めている日本酒の力もかり、スタートしたようです。8月半ばに私が訪れたときは、まだ地下のスペースをデコレーション中で、「照明をぐっと落として、ネオンが輝く内装にする」と興奮気味に話されていました。どんなものができるのでしょうか…。

Sake Barの名の通り、もちろんメインは日本酒。スパークリング日本酒「珠泡」、「Konishi 吟醸ひやしぼり」など7種類が用意され、1杯(100ml)5.50ポンド~。ボトルもあり。「そのうち、やきとりも出したい」とジェイクさん。ダルストンの「新宿ゴールデン街」がどう発展するのか、不安半分、期待半分で店を後にしました。(編集部N)

Sake Bar
446 Kingsland Road, E8 4AE

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【征くシリーズ】ウォレス・コレクションを征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む