野菜入りとは思えない、おしゃれなスイーツ
ビートルート入りチーズケーキ
(幅8センチ×長さ12センチ×高さ4センチの型使用)
 

所要時間15分
(冷やし固める時間は除く)


 

 

 

beetroot
アカザ科の野菜。日本ではビーツと呼ばれることもあるほか、「赤蕪(カブ)」の通称もあるが、カブはアブラナ科なので、厳密には誤り。日本に渡来したのは江戸時代初期と推定されている。健康に良い「スーパーフード」として、改めて注目を集めている。

ビートルート(調理済み)
ラズベリー
クリームチーズ
ダブルクリーム
板ゼラチン
砂糖

ビスケット
バター

60g
50g
125g
50ml
2枚
15g
50g
25g

 


ビスケットをビニール袋に入れ、棒で叩いて砕き、溶かしバターを加えたら手でもんでビスケットとなじませる。
①を型に敷き詰め、スプーンの背でしっかり平になるよう押さえ、冷蔵庫で冷やす。
板ゼラチンを冷水に浸してもどす。
調理済みビートルートを乱切りして、ラズベリーとともに、ミキサーにかける。
ダブルクリームを小鍋に入れて温め、砂糖、絞った③を入れて完全に溶かす。
④にクリームチーズと⑤を入れ、再びミキサーにかける。
こし器で漉し、②のうえに流し入れる。
冷蔵庫で冷やし固め、ビートルートの薄切り、ラズベリーなどを飾れば出来上がり。

 

今回、板ゼラチンは「G Costa: Fine Leaf Gelatine」(25グラムで15枚入り)を使用。
ラズベリーの種があるので、⑦できちんと漉すこと。舌ざわりがなめらかになる。
冷蔵庫で冷やし固める時間については、2時間はみておきたい。

 
 
YUKIKOさん

料理:YUKIKO
英国からの帰国後、東京にて和菓子教室Y-anを主宰。海外で作りやすい和菓子などについて提案・アドバイス実施中。一時帰国の折に、ぜひお問合せください。たまに渡英レッスンもあり!?
ウェブサイトブログ http://y-an.jp

  2015年9月24日 No.900