ゼラチンのふるふる感を楽しむ
冷たいなすのふるふるスープ
 

所要時間15分
(焼きなすを作る時間と、
スープを冷やす時間を除く)


 

なす
出し
しょうゆ(できれば薄口)
砂糖

板ゼラチン

【飾り用】
ゆでたえび
しょうが(おろしたもの)
スナップエンドウsugar snap peas
(またはサヤエンドウmangetout)
タイムthyme
1本
600ml
小さじ1
小さじ1/2
小さじ1/2
10g


4尾
適量

適量
適量

 


焼きなすを作る(下記参照)。
焼ければそのまま放置し、粗熱が取れたら皮をむき、大きな一口大に切る。
鍋に出しを入れ、しょうゆ、砂糖、塩で味を調え、いったん沸騰させてから粗熱がとれるまで待つ。
ゼラチンは冷たい水に5分ほど漬けて戻し、水を切り、温かい出しに加えて溶かす。
器になす、出しを注ぎ入れて冷蔵庫で冷やす。
固まりかけたら表面にゆでたえびを差し込み、さらに冷やす。固まったスープに、しょうが、スナップエンドウ(またはサヤエンドウ)、タイムを飾れば出来上がり。

 

濃口しょうゆを使う場合、しょうゆはやや少なめにし、その分塩をやや多めにする。
ゼラチンが固まるまでに3時間ほどかかるが、前日から作りおきしておくのも一案。なお、夏場は室温でもゼラチンがゆるくなるので、食卓に出すまで冷蔵庫に入れて置いたほうが良い。

 
焼きなすの作りかた 
英国のスーパーで手に入る大きななすを使用。オーブンペーパーを敷いた天板の上になすを並べ、190℃のオーブンで皮が黒くなるまで約45分焼く。粗熱がとれてから皮をむくと、簡単にむける。
 
 
松尾奈々さん

料理:松尾奈々
大阪辻学園調理技術専門学校を卒業した後、同校西洋料理セクションにて勤務。その後、フランス、スペイン、ドイツ、スイス、香港、米国、英国に暮らす。2016年8月より、ドイツ(デュッセルドルフ)在住。
【お問合せ先】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  【ブログ】http://naniboni.exblog.jp/

  2015年8月27日 No.896