年の初めに果敢に攻めてみた!

年末に手巻き寿司をやりました。自分で巻いた手巻きは多少不細工でもやっぱり美味しい。巻いている時にふと考えました。海苔に代わるものがあれば西洋料理にも応用できるんでながっぺか。うーむ あっ、平目いた!じゃなくて閃いた! そうそうパルマハム。思いついたら試さずにいられない面倒くさい性格。パルマハムで巻く以上、やはりここはイタリア風。色はもちろんイタリア国旗のトリコロール。ということで手にしたのはトマトにアボカド、モッツアレラチーズ。これにトマトサルサを加えていざ勝負。パルマハムを敷いてサルサを塗り、細く切ったアボカドやモッツアレラを置いていく。よし完璧。どう見ても美味しそう。天才か?私の辞書にも失敗の2文字はきっとあるけどあえて見ない。しかし巻き始めてすぐに気が付きます。パルマハム薄すぎ。巻いているそばから破けちゃう。それでも何とかごまかして巻き終えていざ口中へ。がぶりと半分かじったら残りの半分はほぼ崩壊。気がつけば手のひらの中にアボカドやらモッツアレラやらの残骸がサルサにまみれて生ごみのように広がっている。ひゃー、と叫ぼうと思ったらミャーになっちゃって今さら口中に何か入っていることを思い出す。なんだこれ? そう、それはさっき自分で思いついて私って天才?と自画自賛していたあれよ、あれあれ、と思い出し思わず赤面。味がどうこうの前にまず巻きづらいし食べづらいしでとても人様にご紹介できる品物にあらず。でも食べる直前までは案外綺麗で美味しそうだったので勢いで載っけちゃいます。こういうのがインスタ映えって言うのかしら? きっと言わないわ。ということでお勧めじゃないのでレシピはなし。パルマハム、破れて海苔の偉大さを知った1月3日はパルマ記念日。今年も遊ぶわよー

cookbuzz編集部