ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

日本人女性メタルバンド、LOVEBITESロンドン公演に行ってきた!

今、英国のメタル・シーンを賑わせている日本人女性5人組メタルバンドをご存知ですか?今年5月にミニ・アルバム「THE LOVEBITES EP」でメジャー・デビューし、10月に1stフル・アルバム「AWAKENING FROM ABYSS」を発表し世界配信されると、ロックの本場英国のiTunesメタル・チャートで初登場10位になるという快挙を成し遂げた実力派のメタル・バンドなんです。

そんな彼女たちが初の海外公演にロンドンを選んだのも当然の流れ。11月25、26日は日本文化好きな英国人で賑わうイベント「HYPER JAPAN CHRISTMAS」のライブ・ステージに出演して会場を沸かせ、27日にはカムデン・タウン駅前にあるロックの殿堂「THE UNDERWORLD」で海外初のフル公演を行いました。

週末ともなると路上に人が溢れかえるカムデンでさえも、極寒のせいもあり静けさが漂う月曜の夜。アンダーワールドへと足を踏み入れると筋金入りのロック・ファンたちで熱気ムンムン。

客層は地元の英国人が大方を占め、ステージ前を陣取るLOVEBITESのツアー・Tシャツを着込んだファン、夜な夜な熱いステージを求めてアンダーワールドに繰り出す筋金入りのロック・フリーク、英国のメタル・バンド「SikTh」のヴォーカルも来場していたのだとか!

白いミニスカートにハイヒールがトレードマークの彼女たちがステージに姿を現すと、野太い歓声が湧き上がり、体の大きな男性が多いので前方を見るのに苦労するほど。柱には「クラウドサーフ/ステージダイブ禁止」のサイン、クラウドサーフのピクトグラムを初めて見ました。

5人そろって見た目はアイドル、スタイルも良くステージ映えするヴィジュアルでも、ヴィジュアルだけでファンがつくほど甘くないバンド・シーン。そんな中、ヴィジュアルは言うまでもなく、楽曲、ヴォーカル、演奏がかなり完成された、ガールズ・バンドという枠に収まらないプロフェッショナルな女性バンドという印象。低音から高音までを歌いこなすヴォーカルが、速弾きのツイン・ギター、可愛らしい容姿から激しく弾けるドラム、メタル魂溢れるベースに完璧にフィット。

海外進出の成功のカギともなる英語メインの楽曲を、海外留学経験のあるヴォーカルのasamiが歌い上げます。アイドルのような容姿ですが、演奏がはじまると髪を振り乱しながら迫力のサウンドを生み出し、その外見とのギャップがメタルヘッドの男性ファンを惹きつけて止まないのでしょう。

さらりと「日本のガールズ・バンドを見に来た」夜が、ガッツリどっぷりとメタル漬けの夜になり、ライブ後の耳鳴りも懐かしく、日本のライブハウスに通った青春時代を思い出した夜となりました。これからはたまにアンダーワールドにも足を運んでみることにします。(編集部H)

LOVEBITES
The Underworld Camden
174 Camden High St, London NW1 0NE

※情報は2017年11月28日現在

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【ごくウマ3選】クリスマスのおもてなし料理 ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む