ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

ハッチャーズ限定「ピーター・ラビット」を発見!

1797年に創業した、ロンドン最古の書店「ハッチャーズ(Hatchards)」。先日、ピカデリー・サーカスにある店舗にふらっと立ち寄ってみたところ、ピーターラビットの絵本の限定版を発見しました!


片手サイズのこの本は、ハッチャーズ創業220年を記念して作られたとのこと。
ピーターラビットの生みの親ビアトリクス・ポターは、本の出版に同意してくれる出版社が見つからずにいた1902年に、自費で250部を出版します。ポターはこの本を友人や家族を中心に配布したのだそうです。
ハッチャーズは、ポターの自費出版本を販売した数少ない書店のひとつだったとのこと。このたび、同社創業220年を記念して、ポターが自費出版した本をもとに「Tale of Peter Rabbit」を特別に限定作成しました。
シンプルでクラシックな表紙デザインに加え、紙の断裁面がゴールドで美しい! 手にとってみるとしっとりとした触り心地で、ぬくもりが感じられます。表紙を開くと、発行部数のうちの何番目かが手書きで記され、さらに手書きの文字で物語がつづられています。黒1色で描かれたイラストは素朴でやさしい印象。まるで親しい友人から絵手紙をもらったかのような親近感さえ感じられます。

ハッチャーズのツイッターで動画が紹介されています↓

ピーター・ラビットが好きな方へのプレゼントに、いかが?9.90ポンド。(編集部C)