ホンネで語る!英国での子育て事情★第1回★現地校って、どんなところ?

ホンネで語る!
英国での子育て事情

1

現地校って、どんなところ?

英国での子育てや教育事情について、国際結婚をして英国で暮らす日本人女性たちの生の声を聞くべく、10歳前後の子どもを持つ3名の主婦による座談会を決行。「学校生活」「語学教育」「友達付き合い」をテーマに、熱く語っていただいた(全3回シリーズ)。
参加者のプロフィール
Aさん (39歳)/在英6年。
夫は英国人。子どもは女の子2人(6歳と10歳)。ロンドン在住。
Bさん (48歳)/在英20年。
夫はイタリア人。子どもは男の子2人(14歳と16歳)。ロンドン在住。
Cさん (45歳)/在英18年。
シングルマザー、元夫は英国人。子どもは男の子1人(12歳)。ベッドフォードシャー在住。

現地校を選んだ理由

― 3人とも、お子さんを現地校に通わせているそうですが、なぜ現地校を選んだのでしょう?

A
イギリスでの永住を前提に暮らしている一般的な家庭では、現地校を選ぶのはごく普通の選択だと思います。日本でいえば、公立校にあたるので。

― 日本人学校への通学は、考えなかったのですか?

A
日本人学校は、帰国した時に学校の授業についていけるように、日本と同じ教育を受けるための学校なんです。たとえば、駐在員の家庭の場合は、帰国後のことを考えて日本人学校へ行かせるか、せっかくイギリスにいるんだから現地校に通わせるか、という選択肢があると思いますけど。永住する場合はイギリスでの進学が前提なので、自分が暮らしている地域の学校(現地校)か、私立(パブリックスクール)を選ぶのが一般的じゃないでしょうか。
B
そうですね。リーズナブルだから、うちも現地校にしました。子どもが2人いるので、私立に行かせるのは経済的にちょっと厳しいな、と。
C
私の場合は、チョイスがそれしかなかったというか…。ベッドフォードシャーに住んでいるんですけど、日本人学校はないし、パブリックスクールも通える範囲にはなくて。金銭的な余裕も、それほどありませんし。
B
ただ日本と違って、現地校は良い学校とちょっとどうかな…という学校の差があるから、そういう意味での「選択」はありますね。住んでいる場所で学校が決まるので、そのために引っ越しをする家庭も多いですよ。うちはすごくラッキーなことに、近くに良い学校が見つかって、そこに入れたので、引っ越さずに済みましたけど。

― 希望しても、入学できないことがあるんですか?

B
イギリスは「1クラス30人」という人数制限があって、良い学校はウェイティング・リストがあるんです。引っ越したり、転校したりして生徒が減ると、リストの上から順に入学の打診がくる。どうしてもその学校に通わせたい場合は、転校させたりしますね。
C
日本では通学地域内に住んでいれば地元の公立校には誰でも入れるので、何だか不思議ですよね。私も以前ロンドンにいた時は、「良い学校はすぐに埋まっちゃうから、子どもが生まれたらすぐに入学希望の申請を出さなきゃいけない」と聞いてました。でもベッドフォードシャーに引っ越した時、子どもはまだ生後2ヵ月だったので、先のことはあまり考えていなかったんです。だから、いざ通わせることになって調べてみたら、わりと良い学校ばかりだったので「あぁ、良かった」って。
B
郊外は良い学校がたくさんあるって聞きますよね。
C
そうですね。ロンドンのように生徒数が多くないので、通学地域内だったら、まずどこでも入れますし、苦労はしなかったですね。

いじめや差別問題

― 学校には日本人の親を持つ子どもはいますか?

C
息子の学校は、ほぼ白人ですね。
B
ロンドンは地域によって全然違うかな。うちの学校はユダヤ系が多い。でも、日本人の親を持つ子も多くて、十数人いましたよ。
A
娘は英国国教会系列の学校にたまたま入れたんですけど、宗教色がそれほど強くなく、教育に力を入れている学校なので、国籍はもちろん、宗教も関係なくいろんな子がいます。ただ日本人の親を持つ子はあまりいないです。
B
イギリスの学校は、宗教の違いについてすごく気を遣いますよね。息子の学校でも、クリスマスの時には「キリスト降誕」の劇だけじゃなくて、ユダヤやヒンドゥーの劇もやるの。
A
理解が深まっていいですよね。各国のお祭りも祝ったりしますし。

2人の娘を英国国教会系のプライマリー・スクールに通わせるAさん。

― いじめや差別などもない?

B
私も最初は不安だったけど、日本人が多かったこともあって、そういう心配はなかったですね。
C
ベッドフォードシャーはロンドンと状況が違うかもしれません。黒人やインド系、中国人もいますけどマイノリティで、圧倒的に白人が多いので、もしかしたらいじめや差別もあるかも。うちの子は今のところ、そういう目にあったことはないです。
B
郊外暮らしって憧れるけど、完全にイギリス人のコミュニティの中に入っていかないといけないから、親も子どもも大変そう…。
A
ロンドンは、そういう意味では恵まれていますよね。娘がランチにおにぎりを持っていくと、クラスの子は「いいな~」って言うらしいですよ。日本の百均で買ったお弁当グッズを使おうものなら、「わぁーカワイイ! さすが日本!」って。
B
そうそう! 息子の友達も、おにぎりを見て「スシ!」って羨ましがってたみたい。あの子たち、何でも「スシ」って言うのよね(笑)
A
娘の学校の子どもたちの場合、両親のどちらかが外国人の子は、それを誇りに思っていることが多いです。ホリデーで海外に行く場合も、「親戚に会いに○○○○へ行く」っていうのが自慢だったり。昔は異なる人間を排他的に扱っていたかもしれませんけど、今はそれぞれの「カルチャー」として受け入れられている気がします。

ロンドンから電車で40分、ベッドフォードシャーで暮らすCさん。

しらみが大量発生!?

― 子どもを現地校に通わせる中で、カルチャーショックだった出来事などはありますか?

A
一番驚いたのが、しらみが頻繁に流行ること!
B
一般的ですよね。学校から手紙やテキストが来るんですよ。「○学年でしらみが大量発生。要注意」とか。
A
しらみは移るので、子どもの頭をチェックして、しらみを見つけたら専用のシャンプーやクシを使ってすぐに落とすようにしています。

― なぜ、しらみが流行るのですか?

A
それがわからないんです。頭を洗っていないからかと思いきや、「しらみは綺麗な髪を好む」とも聞くし…。女の子は髪が長いので、しらみが移りやすいんですよ。だからしらみが流行ると、髪が長い子はみんな三つ編みにして、バサバサしてしらみに飛び移られないように気をつけていますね。
B
男の子も頭突きしてふざけ合うから、すぐしらみが移っちゃうのよね…。
C
うちの子も1回、移りましたよ。頭をチェックしていると、こっちまでかゆくなってくる気がして。
A
娘は、年に1回は移ります。でも不思議なことに、上の子はすぐ移るのに、下の子はまったく移らない。髪を洗う回数も一緒だし、同じブラシを使っているのに。
BC
へぇー。しらみが好む髪質とかあるのかしら…。
C
「ティーツリー」のシャンプーが効くと聞きますけど。
A
予防にはなると思うんですけど、すでにしらみが発生している場合は、薬局に行って専用の薬品を買ったほうがいいですよ。頭につけて30分してから洗い流すものとか。

現地校に日本人の母親が多く、ママ友同士で助け合ったと話すBさん。

教育制度の違い

日本と英国の学校制度
C
私は、教育制度が一貫ではないことににビックリしましたね。ベッドフォードシャーってロンドンとは違って、プライマリー・スクール(6年)→セカンダリー・スクール(5年)って流れじゃないんですよ。ロウアー・スクール(4年)→ミドル・スクール(4年)→アッパー・スクール(3年)なんです。〈上図参照〉
B
4・4・3なの? 初めて聞いた!
C
日本では地域によって教育制度が違うことはないので、本当に驚きました。ただ、4年で次のミドル・スクールに進むので、ロンドンよりも2年早く子どもの送り迎えをしなくてよくなる点は、ラクでよかったかな(笑)
A
プライマリー・スクールに通っている間は子どもの送迎をしなくちゃいけないことになってますけど、徒歩10分の距離に住んでいるくせに車で送迎する人とか多いですよね。学校の周りに車の行列ができて、「近所の住民から苦情が来たから、やめてください」って学校から手紙が来たり。
B
親同士の揉め事も多い。車をぶつけられたとか。
C
親の送り迎えって日本の学校制度にはないし、すごく負担ですよね。とくに働いていると。12歳くらいまでは子どもを家に一人にできないし、「鍵っ子」が存在しない。
A
そうそう! 夕飯をつくる時に、材料がひとつだけ足りなくて、近所のお店までちょっと買いに行けば済むことなのに、いちいち子どもたちを連れて出かけなくちゃいけない。
B
バレなければ…と思うけど、近所で必ず見ている人がいるのよね(笑)

次回
「英国での子育て事情」第2回のテーマは、「子どもの語学教育について」です。
どうぞご覧ください!
今後のテーマを募集中!