ホンネで語る!
英国での駐妻生活

後編

駐妻コミュニティはある?

駐在員の妻として暮らす英国生活は、一体どんなもの? 夫の英国への赴任決定から渡英の準備、ロンドンでの家探しや日中の過ごし方など、英国での駐妻生活について、子どものいない3人の女性に語り合っていただきました。(全2回シリーズ)
参加者のプロフィール
Aさん(31歳)/在英半年(家族帯同ビザは5年)。夫は商社勤務。ロンドン北部在住。
Bさん(30歳)/在英1年(家族帯同ビザは2年)。夫はメーカー勤務。ロンドン北部在住。
Cさん(35歳)/在英3年半(家族帯同ビザは5年)。夫はサービス業勤務。ロンドン西部在住。

まずは語学学校へ

― みなさん、平日はどう過ごしていますか?

A
ずっと日本で働いていたので、急に暇になって時間がポカンと空いてしまい、最初は何をすればいいのか困りました。主人の会社は帯同者の就労が禁止されているので、働くことができないんです。今は「MixB」や「パンドーラ」などの日系掲示板で習い事を探したり、近所の方が通っているお稽古に参加したりしています。

― これまで、どんな習い事に参加されたんですか?

A
掲示板で見つけたものでは、料理教室ですね。イギリスではモンブランがあまり売っていないので、どうしても食べたくて作りに行きました。あとは、いけばなとか。現地の方がやっている陶芸教室にも参加したことがあります。ろくろから絵付けまで体験できて、すごく面白かったです。

― フラワーアレンジメントや乗馬など、イギリスの習い事ではなく?

A
そうですね。「イギリスならでは」もいいんですけど、日本でも継続してできることがしたくて。ジムやホットヨガも、最近はじめました。
B
私は就労できるんですけど、来た当初はイギリスで働くつもりはありませんでした。語学力が不安だったので、まず語学学校に通ったんですが、1年コースか短期しかなくて。短期だと3ヵ月くらいで終わっちゃうんです。だから「せめて目標を持とう」と思って、IELTSを受けました。
A
そういえば、私も最初は短期で語学学校に通いましたね。
C
たぶん、みなさん同じですよね。私も「言葉が話せないと」と思って、こっちに来てすぐ語学学校へ行きました。週5日で3ヵ月通った後、週2日のケンブリッジ英検(FCE)コースで3ヵ月ほど勉強しました。
B
でも語学学校の区切りがついたら、本当に毎日暇で、「明日は何をやって過ごそう?」って悩みました。「この暇さはやばい!」と焦って、今は日系の会社でパートタイムで働いています。
C
旦那の会社も帯同者の就労を許可しているので、私は学校が一段落した時に「イギリスで働いてみたいな」と思い、ソーホーのカフェで働きはじめました。キッチンを覗いて「こういう洗剤使うんだ~」とか、現地の人の生活を知ることができるし、文化の違う人と触れ合えるのが楽しくて。
A
英語のトレーニングとしてもいいですよね?
C
英語はそれほど上達しなかったかなぁ(笑)。でも、半年くらいで「肉体労働はちょっとキツイ」と感じて、オフィスワークの仕事に移りました。
A
いいなぁ。私もカフェで働いてみたい…。働けないのが残念。
B
夫の帯同で来ているから、夫や会社の迷惑になるようなことはできないし、結構気を遣いますよね。駐妻生活の難しい点だと思います。

帯同者の就労が禁止されているため、就労できないというAさん。「イギリスで働いてみたかった…」。

駐妻コミュニティは減少傾向?

― みなさんの夫の会社には、駐妻同士のコミュニティなどはありますか?

A
主人の会社にはあります。
C
うちはまったくないんです。横の繋がりがない。
B
私のところもないです。横の繋がりで友達ができるかなって、ワクワクしていたんですけど。でも縛られるのは嫌だったので、そうした奥様同士で集まる会がなかったのは、良くもあり悪くもあり…。
C
生活の知恵とか聞きたいよね。
B
そう! 先輩の奥様と仲良くできたらと思っていたので残念です。

― 会社主催のクリスマスパーティーやホームパーティー、夏のBBQパーティー等もない?

B
オフィシャルな集まりは全然ないです。個人的に、夫の同僚一家を招待したり、招待されたりというのは、たまにありますけど。
C
旦那の会社でも昔はパーティーがあったみたいなんですが、今は世知辛い世の中なので、そういったイベントを減らしてると聞きました。だから、私は自分から「○○さんに会いたい」と彼に頼んで、同僚やそのご家族と食事してますよ。職場の雰囲気もわかるし、いろんな人と仲良くなってご飯とか食べに行くのが好きなので。
B
すごい! 積極的で素敵!
C
駐在妻コミュニティがないから、そういう行動に出ているのかも…。自分でつくらないと、新しい人と知り合える場がないんですよね。
A
うちの会は40人くらいなんですけど、レストランを貸切ってランチしたりします。知り合い同士で固まらないように、ある程度の時間が経ったら席替えをして。基本的に子どもは同伴しないことになっているので、ご主人方が自宅にいる週末の昼間が多いです。

― どのくらいの頻度で集まるんですか?

A
半年に1回くらいです。
C
半年くらいだったらいいかも。幹事もやるの?
A
在英歴が長い人から順番にまわってきます。主人の会社には短期駐在員と長期駐在員がいて、短期の奥様方の入れ替わりが結構早いので、幹事を経験しないで帰国する人もいますね。私の場合は長期なので、いずれまわってくると思います。もしかしたら2回くらい当たるかも(笑)

― 駐妻コミュニティでの付き合いは、色々と大変そうなイメージがありますが、いかがですか?

A
初めて集まりに出席した時は、すごく緊張したし、気を遣いました。ただ、主人の会社はロンドンにオフィスが2ヵ所あるんです。彼が出向しているオフィスは比較的小規模で、奥様同士も仲が良いですね。もうひとつのオフィスは人数が多くて年齢層も幅広いのですが、そちらの奥様同士も仲が良いと聞きました。
B
へぇー。想像していたよりも普通な感じ。
A
イギリス以外の国にある支社では、毎週持ち回りでホームパーティーを開いたり、一緒にギャラリーやショッピングに出かけたりといった会もあるらしいです。私は逆に、奥様コミュニティのない会社がイギリスには多くて驚きました。これまで知り合った駐妻の方々に聞いても、こうした会があるっていう人がいなくて…。

「縛られるのは嫌だけど、横の繋がりがまったくないのも寂しい」と話すBさん。

週末は荷物持ち!

― ちなみに、週末はどう過ごしていますか?

B
夫と2人で過ごすことがほとんどです。車がないのでロンドン市内をウロウロするか、近場のヨーロッパへ旅行とか。平日も「日本食が食べたい」と言って、仕事が終わるとすぐに帰ってくるし、いつも一緒だから、私は「友達とも過ごしたいなー」と思うんですけど(笑)
C
そうそう。日本にいた時の方が同僚との飲み会や接待で、夜遅くなることが多かった気がしますね。思わず「もう帰ってきたの? もっとゆっくりしてきていいよ」って言いたくなっちゃうくらい(笑)
A
主人も同じですね。オフィスが中心部から離れているので、寄り道するような場所もないんだと思います。

― ほかの2人も、週末は夫と?

A
主人のオフィスは人数が少ないので、家族みたいなんですよ。だから週末は単身やご家族含めて、みんなで出かけることが多いですね。食事をするだけの時もあれば、サッカーやラグビーを観に行ったり、ミュージカルに行ったり。
C
私は平日働いているので、友達と遊ぶのも平日だけと決めていて、週末は基本的に旦那を優先するようにしてます。とは言っても、私が「ここに行きたい!」と計画した場所に一緒に行く、という感じですけど…(笑)。あと、週末はスーパーに行って、彼に荷物持ちをしてもらうことが一番重要ですね。週1回の買い出しだと、結構量が多くなるので。
AB
それは必須ですね。
C
ホテルのアフタヌーンティーに、旦那を誘ったこともありますよ。
B
行ってくれるんですね! 夫は甘いものがそんなに好きじゃないから、断られるだろうなぁ。

― 甘いスイーツ系ではない、セイボリーメニューのアフタヌーンティーもありますよ。

B
なるほど、そういうものがある所に行けばいいんですね。でも、夫と行くのはちょっと違うかな…。写真とか撮っていたら、冷めた目で見られそう。
A
確かに!(笑)

旦那さんの同僚との食事会を、積極的に企画するというCさん。

週刊ジャーニー No.1025(2018年3月8日)掲載

「英国での駐妻生活」前・後編は、今回で終了となります。今後も様々なテーマで座談会をお届けしていきますので、ご期待下さい!
今後のテーマ、参加者を募集中!