ホンネで語る!
英国でのフラット探し

前編

どうやって部屋を探すの?

英国でのフラット探しや引越し、大家・フラットメイトとのトラブルについて、英国で暮らす日本人女性たちの生の声を聞くべく、20~30代の女性3人による座談会を決行。それぞれの経験をもとに、ロンドンの住宅事情について熱く語っていただいた(全2回)。
参加者のプロフィール
Aさん (26歳)/在英1年半。
ワーホリビザで来英。引越し経験6回。ロンドン東部在住。
Bさん (33歳)/在英5年。
ワーホリビザで来英後、就労ビザを取得。引越し経験5回。ロンドン東部在住。
Cさん (35歳)/在英6年。
学生ビザで来英後、就労ビザを取得。引越し経験4回。ロンドン北部在住。

部屋探しはインターネットで

― 3人とも、ワーキングホリデーや学生ビザ(語学学校)でロンドンに来たそうですが、最初に住む部屋はどうやって探したのでしょう?

A
日本にいる時に、インターネットでワーホリ経験者の体験談やブログを読んで「MixB」(日本人向けイギリス生活情報サイト)を知り、そこで短期滞在者用の部屋を日本から予約しました。ただ、1週間分しか予約しなかったので、その後の部屋を探すのが大変でした。

― 1週間!? それは思い切った決断ですね。

A
本当に無謀だったと思います。次の部屋も「MixB」で探したんですけど、年末に近かったので「日本帰国中の2週間だけ貸します」という部屋が多くて。
C
年末年始は、賃貸情報があまり出なくなりますよね。大家も旅行でいない場合が多いし。
A
そうなんです。でも、とりあえず最初の部屋の大家が、「別の持ち家が空いているんだけど入る?」と声をかけくれて、そこに移れたのでラッキーでした。
B
大学時代の友人がイギリス人男性と結婚してロンドンに住んでいたので、最初はその友人宅でお世話になりました。でも、あまり長く住むわけにはいかないので、旦那さんが勧めてくれた「ガムツリー」と「スペアルーム」(ともに英系住宅情報サイト)で部屋を探して、1ヵ月くらいで引っ越しました。
C
私は語学学校の斡旋で、最初の2ヵ月間はホームステイをしました。学校生活に慣れながら、ゆっくり部屋を探そうと思って。もし部屋が見つからなくても、ホームステイ期間を延長してもらえばいいので、割高でしたけど焦りや心配はなかったですね。

― 次の部屋は、やはりウェブサイトで探したのですか?

C
実は、「ジャーニー」の物件紹介ページで見つけたんですよ!

― えっ、本当ですか!? ご利用いただき、ありがとうございます!(笑)

C
ホームステイ先の隣駅にあるフラットで、清潔で家賃も手頃だったので、見学に行って即決しました。同居していた大家が結婚することになったので引っ越したんですけど、2年近く住んだと思います。

英語環境か、清潔さか

― 日本人向けのサイトなどで部屋探しをすると、日本人とのシェアになる確率が高くなりますが、英語の勉強や国際交流という点は気になりませんでしたか?


インターネットを使って日本で部屋を探したというAさん(右)、
友人の家で仮住まいさせてもらったというBさん(左)。
A
ロンドンの土地勘がまったくなかったし、生活習慣もわからなかったので、最初は日本人と一緒に住みたかったんです。それに、フラットメイトは日本人でも、大家も日本人とは限りません。

― 「あまり文句を言わず、綺麗に部屋を使ってくれる日本人」を求める外国人大家が、日本人入居者を募集することも多いですよね。

A
そうなんです。一度、香港人の大家との間にトラブルが起きた後に、「日本人だからなめられるんだ!」と思って、「スペアルーム」で部屋を探しましたけど、古くて汚い家が多かったんですよ。その点では、日本人とシェアするのは快適です。
B
渡英当初は、言葉の問題もありますよね。私の場合、「ガムツリー」や「スペアルーム」で見つけた部屋の大家にメールを送っても、全然連絡がこなかったんです。つたない英語だから伝わっていないのか、単に無視されているのかわからなくて困りました。英語力に自信がなかったので、電話をかけるのも躊躇しちゃって。
A
その気持ち、わかります! それに外国人向けのサイトは、信用できるのか疑わしかったし…。最初の頃は友人もいなかったので、1人で見学に行くのもちょっと怖かった。
C
私も今とその前の部屋は「MixB」で見つけましたが、日本人よりも韓国人とのシェアが多かったですね。今のフラットも、大家もフラットメイトも韓国人。だから日本語サイトを使っても、英語環境で暮らすことは可能だと思います。ただヨーロッパ人とのシェア物件はあまりないかな。
A
職場も重要かも。私はバイト先がイギリス人ばかりなので、「家は絶対に英語環境じゃなきゃ!」とは思わなかったですね。

「いいな」と思ったら即決

― ウェブサイト以外で部屋を見つけたことはありますか?


「韓国人は部屋を綺麗に使うので安心。キムチのにおいが苦手でなければ…」と話すCさん。
B
部屋の見学に行ったときに、同じく内覧に来ていた子に紹介してもらったことがあります。
C
私もある! 似た条件で探しているので、情報交換できますよね。
B
そうそう。私はイギリスらしい古い家に住みたかったんですけど、見学に行くと「今どき」のフラットばかり。でも、逆にその子は新しいフラットを探しているのに、見に行く所がどこも古い家だったらしくて。だから彼女を通して、以前見学に行った家の大家さんを紹介してもらいました。
C
あとは口コミとか。引っ越す前に、次の入居者を自分で見つける契約になっている家もたまにあるので、友人を介してそういう情報がまわってくることもあります。

― 不動産屋を利用したことは?

A
街中にある不動産屋は売買契約が中心で、賃貸物件もありますけど、ファミリーや会社員向けで家賃が高いですよね。
B
ワーホリや学生では、なかなか手が届かない!
C
エージェントを通した方が、きちんと管理された清潔な家が見つかるんでしょうけど…。
A
ロンドンで部屋探しをはじめた時、「これだけお金を出しても、こんなにボロい家しか住めないのか…」ってすごくショックを受けました。即決しないとすぐに部屋がなくなるし、おかげで「いいな」と思う部屋のハードルが下がりました(笑)
C
つい日本と比べてしまいますよね。30代になってまだシェア生活か…とか(苦笑)。友人関係が広がるし、楽しいんですけどね。
B
私はシェア生活が、自分に向いていると思うんです。一人で暮らしたら、たぶん部屋が汚くなっちゃう。服を脱ぎっぱなしにしたり、物を出しっぱなしにしたり。まぁ、ずぼらなだけなんですけど(笑)

退去日に出て行かない住人

― 引っ越しの際、荷物はどのように運んでいますか?

A
スーツケースや大きな旅行バッグにすべて押し込んで、毎回自力で運んでいます。滞在が長くなると荷物が増えてしまうので、友人に手伝ってもらったりもしました。
B
ワーホリは2年で帰国するから、なるべく荷物を増やさないように気をつけますね。だから、自力で数往復すれば終わる人がほとんどだと思います。こっちの家は家具つきなので、布団も持ち運ばなくていいし。
A
そこが日本と大きく違う点ですよね。引っ越しがしやすい。
C
長期契約でも、滞在期間は「半年以上」という部屋が多いので、半年ごとに引っ越しを繰り返しても「引っ越し貧乏」にはならない。ただ私の場合、本が多いので本棚が必要なんですが、ベッドや机、ワードローブはあっても、本棚もある部屋ってあまりないんです。仕方ないので、引っ越す時に持って出るつもりで本棚を買うものの、結局いつも置いて行っていますね。

― 本棚などの大きな家具は、どうやって運ぶのですか?

C
この間引っ越したフラットメイトは、「Man With A Van」や「Man and Van London Service」(ともに英系の引っ越しサービス)などを使っていましたね。車1台+作業員1人で、さらに友人男性に運搬を手伝ってもらっていました。最初の1時間は40~75ポンド、15分ごとに10ポンド追加とか。近距離での単身引っ越しならお得かも。
A
へぇー、そんなのがあるんですね。
C
段ボールも無料で提供してくれるみたい。10枚だったかな? でも、彼女は荷物が多くて段ボールの数が全然足りず、近所のDIY店「ホームベース」で買い足していました。
B
そういえば話は変わりますけど、引っ越し先の部屋の住人が突然「出たくない」と言い出して、入居日が1ヵ月のびたことがありました。
C
あるある! わりと平気でそういうことをしますよね。私も荷物を持って新居に行ったら、前の住人に「部屋の片づけが終わらないから、今日は引っ越せない」と言われたことがあって。大家に相談して、一晩リビングのソファーで寝ました。

来英当初からロンドン北部に住み続けているというCさん。

― 一晩ならまだしも、1ヵ月もどこで生活したんですか?

B
友人の部屋に転がり込んで、泊まらせてもらいました。でも、その家がすっごく汚かったんですよ! 私の中の「ワースト1位」です。トルコ人3人とのシェアだったんですけど、クリーナーもいないし、掃除当番制でもなかったから、誰も掃除をしない。バスルームを使うときはビーチサンダルを履いて、見たくないので電気も消していました。1ヵ月だけだから、と自分に言い聞かせて我慢しましたよ。
A
いやー! 水周りが汚いのは、耐えられない!
B
キッチンの床に大きな穴が開いていたんですけど、それもずっと放置されていましたね。
C
なんだか踏んだり蹴ったりですね(苦笑)

「今思い出してもあの家はゾッとする」と話すBさん(左)とAさん(右)。
代表的な部屋探しサイト
◆ MixB(日本語)

ロンドンの物件、求人、売買、コミュニティ情報が掲載されている無料掲示板。
https://uk.mixb.net
◆ Gumtree(英語)

英国の物件、求人、車売買、コミュニティ情報が掲載されている無料掲示板。
www.gumtree.com

◆ SpareRoom(英語)

英国の物件情報が掲載されている掲示板。フラットシェア希望者用。
www.spareroom.co.uk
◆ Rightmove(英語)

英国の物件情報が掲載されている掲示板。フラットシェアの他、物件売買情報もあり。
www.rightmove.co.uk

「英国でのフラット探し」後編のテーマは、「大家・住人とのトラブル」です。
どうぞご覧ください!
今後のテーマ、参加者を募集中!

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

征くシリーズ ビートルズ生誕の地 リヴァプールを征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む