ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

ウィンブルドンにテニス観戦(&ピムズを飲み)に行ってきた

熱戦が繰り広げられるテニスのウィンブルドン選手権2017。大会初日(3日)、仕事を午前中で早退し、出かけてきました。

会場に着いたのは午後1時半。昨年は3日目の午後3時頃に着いて並ばずに会場に入れたのですが、今年はどういうわけか長蛇の列! 初日だからか、地元アンディー・マリー選手がプレーする日だったからか…。

列の途中にあった、「#wimbledon」。並ぶのに疲れて、列から外れてくつろぐ人も。

結局4時間弱並び、会場に入れたのは午後5時過ぎでしたが、夏のロンドンは日が長い! 午後5時過ぎでもまだ明るく、奈良くるみ選手の試合を間近に観ることができました。

ヘンマン・ヒル(マリー・マウンド)はのんびりとした雰囲気。

ウィンブルドンで毎年欠かせない写真が↑これ。今年もパシャ! この前にたくさん人がいたので、変な角度の写真になってしまいましたが、2017年ウィンブルドンのいい記念です。

毎年欠かせない食べ物&飲み物が↑これ。生クリームをかけたイチゴ(泡立てたりせず、濃い液状のままの生クリームをかけるのが伝統です)と、ピムズ(ハーブ、スパイス、柑橘類のエキスを配合したリキュール)。美味しい~!

もうひとつ、今年の記念にと思い、試合球を買いにウィンブルドン・ファウンデーション・キヨスク(センターコートと第15コートの間にあります)行ったのですが、こちらは売り切れ。その代わりに、子供向けウィンブルドン、アクティビティ・ブックなるものを発見しました。

無料だったので、1冊いただきました。マップがあったり、お絵かきやクイズのページがあったり、子供を飽きさせない仕掛けがたくさん。中身が完成したら、ご褒美ももらえるようです。いい記念になりました。 2017年の大会は16日まで続きます。みなさんも、ウィンブルドンをどうぞお楽しみください。(編集部Z)

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【最新号】ロンドンから車で1時間半! ヘンリー・ムーア彫刻庭園を征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む