ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

ソーシャルメディアで人気! 「投票所と犬」

保守党が第1党の座を維持するも、過半数割れとなった今回の英総選挙。投開票日となった昨日(8日)、選挙の動向を各メディアが伝える一方、インスタグラム、ツイッターなどのソーシャル・メディアでは「#DogsAtPollingStations」がトレンドとなり、投票所(polling station)と犬を撮影した写真が数多く掲載されました。いくつかご紹介します。

ゆるぎない信念で投票を終えた(ような)ワンちゃん。

 

Twice in one day, voting ninja! #dogsatpollingstations

Beccaさん(@becca_raw)がシェアした投稿 -

こちらは考えを決めかねている(ような)様子。

アンチ労働党でしょうか、それとも熱心なサポーターでしょうか…。

 

#dogsatpollingstations #ukelection2017 #labourparty

Shyam The Alaskan Malamuteさん(@malamutetime)がシェアした投稿 -

秋田犬もいました。

 

Got our vote in #dogsatpollingstations #akitainu #akita

Hareena Kaurさん(@kaur125000)がシェアした投稿 -

こちらはスコットランド国民党(SNP)のニコラ・スタージョン党首。

みんながみんな犬を飼っているわけではないですからね。犬のぬいぐるみで挑む人のほか、携帯アプリ「スノー」を使って自分の顔に犬の耳と鼻をつけ、犬になりきって撮影した写真もありました。

 

Even Patch the Nursery Puppy got in on the act today #dogsatpollingstations #vote

Samanthaさん(@mammysaurus)がシェアした投稿 -

犬のほかにも、猫やハリネズミ、いかにも英国らしい馬、羊まで!

私自身も、投票所の近くで偶然にも猫を発見したので、手なずけて写真撮影に挑もうとしたのですが、威嚇されて失敗。投開票日の一幕でした。(編集部N)