ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

毎年恒例! サマセット・ハウス野外映画祭の楽しみ方

こんにちは、編集部Cです。今日は、ロンドンのサマセット・ハウスで毎年開催される野外映画祭「Film4 Summer Screen at Somerset House」をご紹介したいと思います。

会場となるのは、サマセット・ハウスの壮麗な建物に囲まれた中庭。期間中、英国プレミアとなる作品のほか、国内外、新旧織り交ぜた映画のラインアップで上映会が行われます。今年はオスカーに輝いた『ムーンライト』、『となりのトトロ』、1967年の人気映画『欲望』など(今年の全作品は下をご覧ください)。
一般の映画館とも、広々とした公園などでの野外上映会とも異なり、四方を建物に囲まれた中庭での上映は、音が建物に反響して夜空へと突き抜けていく感じが独特! 私は初めて行ったときの感動が忘れられず、以来、毎年通っています。

さて、今年は行ってみようかなーとお考えの方の参考になればと思い、楽しみ方のポイントをまとめました。まずは…①できるだけ早く会場に行くこと。
開場は午後6時30分ですが、日が暮れる9時ごろまでは始まりません(上の写真が午後7時頃。下が上映開始直前の写真です)。席は用意されていないので、遅めに到着してしまうと、スクリーンの真ん前や端のほうしか空いていない可能性もあり、楽しみも半減。時間に余裕を持って訪れてくださいね。

②ピクニックを楽しむ!
では待ち時間をどう過ごすか。
敷地内にはカフェやバーもありますし、食べ物、飲み物を持ち込むことも可能です。ビールやワイン(ガラスのボトルはNGですがプラスチックに入っていればオッケー)、おつまみを持参してピクニックをしながら過ごすといいですね。

③クッション必須!
会場では、石畳の上に座ることになるのでクッションがあると重宝します。特に寒い日になるとお尻から冷気が伝わってくるので、せめて敷物は持って行ったほうがいいと思います。ブランケットがあれば尚良し!

イベントはどんな天気でも開催されます。上の写真が雨の日の様子です。雨が降りしきる中での鑑賞は正直言って、気力と体力が必要ですが、そんなのお構いなしといった様子で楽しむ周囲の人たちを見ていると、案外、慣れるものです。毎年、連日チケットが完売する人気イベントなので、予約はお早めに!(編集部C)

■今年のラインアップ
8月10日(木) An Inconvenient Sequel
8月11日(金) Victoria
8月12日(土) Donnie Darko & The Omen
8月13日(日) The Philadelphia Story
8月14日(月) Moonlight
8月15日(火) All The President's Men
8月16日(水) The Square
8月17日(木) Bhaji on the Beach
8月18日(金) In Bruges
8月19日(土) Jaws & Deliverance
8月20日(日) My Neighbour Totoro
8月21日(月) Cruel Intentions
8月22日(火) Blow-Up
8月23日(水) Patti Cakes$

Film4 Summer Screen at Somerset House
Somerset House, Strand, London WC2R 1LA
2017年8月10日~23日/チケット:17~24ポンド

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【最新号】ロンドンから車で1時間半! ヘンリー・ムーア彫刻庭園を征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む