ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

ロンドンの街の小さな「図書コーナー」にほっこり

地下鉄ジュビリー・ラインのウィルズデン・グリーン駅を利用したときのこと。小さな本棚が設えてあるのを発見。ペーパーバックなどが並んでおり、「クリックルウッド・ポップアップ・ライブラリー:セルフサービス」との表示が目に入りました。

急ぎ足で通り過ぎる駅利用者の中には、この「図書コーナー」に気付いていない人もいそう。 地下鉄利用者のために、ボランティアの方々が読み終えた本を持ち寄り、小さな「図書コーナー」としているようです。

「新年には、新しい本を」の表示は、今年の1月に貼られたままなのでしょう。ま、細かいことは気にしない、気にしない。借りたこと、返したことを記すための図書カードはない模様。各自の良心次第というところなのでしょう。ロンドンのような都会でも、こうした善意頼みの試みが機能することもあるのですね。気になる本がないか探してみては? (編集部I)