ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

英国の夏を満喫! 野外フェス情報[5月末~7月前半編]

6~9月にかけて、英国各地では大小さまざまな野外ミュージック・フェスティバルが目白押し! 「今年こそ参加してみたい!」という方のために主なイベントを3回に分けてご紹介します。まずは5月末から7月前半編!※チケット情報は4月11日現在。これから先、売り切れてしまうことが予想されるので、早めの確認がおすすめです。

We Are FSTVL/5月26日(金)~28日(日)

5月末のバンクホリデーの週末にロンドン郊外で開催されるフェス。ダンス・ミュージックに定評があり、各ステージでは大御所のカール・コックスやスヴェン・フェイトらのDJに加え、クレイグ・デイヴィッドらの出演が予定されている。通し券はすでに売り切れてしまったが、1日券ならまだ購入可能。

Damyns Hall Aerodrome, Aveley Road, Upminster RM14 2TN

Isle of Wight(ワイト島音楽祭)/6月8日(木)~11日(日)

ワイト島、ニューポート郊外のレクリエーション施設シークローズ公園にて開催される4日間のロック・フェス。デヴィッド・ゲッタはじめ、Run-D.M.C.、ロッド・スチュワート、アーケイド・ファイアほかが出演予定。もともとは1960年代の反体制文化を背景に1968~70年にかけて開催され、70年のフェスにはザ・フー、ジミ・ヘンドリックス、マイルス・デイヴィスが参加し、60万人の聴衆が駆けつけたとされる。2002年に復活し、現在に続く。チケット購入可。

Seaclose Park?Newport, Isle of Wight, England

Wild Life/6月9日(金)~10日(土)

ブライトン・シティ空港の敷地で行われるフェス。2015年に初開催され、「UK Festival Awards」で「Best New Festival」に選出されている。今年で3回目。英ダンス・ミュージック・デュオ「ディスクロージャー」と英ポップバンド「ルディメンタル」がキュレーションを務め、ダンス、ポップス、ラップなど幅広い分野のアーティストが参加する。今年は、ファットボーイ・スリム、ジェス・グリン、チャカ・カーン、ディジー・ラスカルらが名を連ねている。チケット購入可。

Brighton City Airport, The Terminal Building Cecil Pashley Way, Shoreham-by-Sea, BN43 5FF

Parklife/6月10日(土)~11日(日)

マンチェスターで開催される音楽イベント。The Parklife Weekenderの名でも知られている。2010年にスタートし、今年で8回目。ファットボーイ・スリム、ジェス・グリンらのほか、R&Bのスーパースター、フランク・オーシャンらも登場する。チケット購入可。

Heaton Park?Middleton Rd, Higher Blackley, Manchester M25 2SW

Glastonbury/6月21日(水)~25日(日)

毎年6月下旬の夏至の日に近い週末に開催される、世界最大規模のロックの祭典。音楽のほか、サーカスや演劇、ジャズ、ダンス、レゲエのサウンドシステムと、さらには映画上映などが行われる。今年は、エド・シーラン、レディオヘッド、フー・ファイターズらがラインアップされている。今年のチケットは、すでに売り切れ。ただ、再販(ReSale)される場合もあるので、ウェブサイトを定期的にチェック! ちなみに、2018年は「会場となる村とフェスティバル・チームの恒例の休暇」のため開催されない。

Worthy Farm, Somerset, England
[グラストンベリー関連記事]

Barn on the Farm/6月29日(木)~7月2日(日)

かつては、エド・シーランやジェームス・ベイらも参加し、その後スターになったという逸話をもつフェスティバル。インディー、アコースティック、ブルース系のバンドやシンガーソングライターなど、メインストリームから離れたアーティストを中心に構成され、今年は、2013年にブリッツ・アワードを受賞したトム・オデールらも参加する。チケット購入可。

Over Farm, Over, Gloucester, Gloucestershire, GL2 8DB

British Summer Time Hyde Park/6月30日(金)~7月2日(日)、6日(木)、8日(土)、9日(日)


ロンドンのハイド・パークで開催される恒例の夏祭り(6月30日~9日)。フィル・コリンズ、グリーン・デイ、ジャスティン・ビーバー、ザ・キラーズがステージに登場する。特定日(3~5日、7日)は「オープンハウス」と称し入場は無料となり、ストリート・フードや野外シネマなどを楽しめる。チケット購入可(一部売り切れ)。

Hyde Park, London

Love Supreme/6月30日(金)~7月2日(日)

イースト・サセックスで行われる、野外ジャズ・フェスティバル。「ヨーロッパで行われる素晴らしいジャズ・フェスティバルの数々と、英国で夏に開催されるキャンプスタイルのフェス文化を融合させたイベントを」というアイディアのもと2003年にスタートした。ジャズがメインだが、ソウルやエレクトロ・ファンクなどもあり。ジャクソン5のデビューから今年で50年を迎えたザ・ジャクソンズをはじめ、ハービー・ハンコック、ジョージ・ベンソンらが出演。チケット購入可。

Glynde Place in East Sussex

Download/7月9日(日)~11日(火)

サーキット場として知られるドニントン・パークを会場とし、ハードロックやヘヴィ・メタル、ミクスチャー・ロック、ポップ・パンクといったラウドロック全般に特化したフェス。システム・オブ・ア・ダウン、ビッフィー・クライロ、エアロスミスらが出演予定。会場では、プロレスWWE NXTツアーが行われ、日本人レスラー中邑真輔が参加予定。チケット購入可。

Donington Park, Leicestershire

Latitude/7月13日(木)~16日(日)

2006年にスタートし、英国でも屈指の夏フェスに急成長したフェス。サフォークのカントリーサイドで、ミュージック・コンサートのほか、ダンス、シアター、トークなど、盛りだくさんの内容が魅力。The 1975、マンフォード・アンド・サンズ、フリート・フォクシーズほかが出演する。自然あふれる環境の中、家族連れで楽める。チケット購入可。

Henham Park, near Southwold, Suffolk

7月後半以降は、第2、3弾でお届けします!

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【最新号】ロンドンから車で1時間半! ヘンリー・ムーア彫刻庭園を征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む