ウィンブルドンで使われたボールをお土産にいかが?

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

ウィンブルドンで使われたボールをお土産にいかが?

ウィンブルドン選手権の試合で使われるボールは、
審判の「New balls please.」を合図に、
一試合の中でもかなり頻繁に新品のボールに取り替えられます。
会場内では、一度使ったボール(とはいえ、まだまだ使えます!)を販売中。
「Wimbledon 2015」の文字も刻印され、なかには「甲子園の土」ならぬ
「ウィンブルドンの芝」が付いているものもあり。お土産にぴったり!

1個(1ポンド)から購入可。1缶3個入り3ポンド、2缶6個入り5ポンド。
最大1人2缶まで買うことができます。
場所はセンターコートとコート15の間にあるキヨスク。
売り切れていることもあるので、
早めの時間帯からチェックしたほうがよさそうです。

売り上げはThe School’s Tennis programmeに寄付されるとのこと。
昨年は15,000ポンドにのぼったようです。
編集部とら兎