世界第60位のレストラン「Hedone」にまつわるお話、第2弾

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

世界第60位のレストラン「Hedone」にまつわるお話、第2弾

ninagawa kafka以前このレストランを訪れた際に選んだメインが「sika deer」でした(写真)。「sikaって鹿? まさかね!」と思ったらこれ、本当のお話。1860年頃(幕末ですね)、数ペアの日本鹿がイギリスに持ち込まれこれがイギリスで大繁殖したのだそうです。今でもイングランドの一部やスコットランド、アイルランドに多く生息しています。当時の人たちが狩猟目的で広げたみたいです。混血も繰り返していると考えられますが、日本鹿特有の白い斑点は消えていないのですぐに分かるのだそうです。
凄いぞ!日本鹿!って、感心しながら食べちゃいました。ごめんね。美味しかった。合唱。。。じゃない、合掌!

ジャーニーの子分
Cook in Britain 編集部