失くしたオイスターが、新しくなって戻ってきた!

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

失くしたオイスターが、新しくなって戻ってきた!

 

Photo_28_05_2015_13_04_47.jpg

ストライキによってダイヤが乱れたり、バスの行き先が突然変更されたりと、思い通りにはいかないロンドンの公共交通。ですが今回、編集部のMさんが経験したサービスではびっくり。英人スタッフLさんも“ショッキングな”と形容した、「瞬く間に解決! オイスター再発行事件」についてレポートします。

 

先週末、オイスター・カードを失くしてしまった編集部Mさん。1ヵ月分のバス・パス(定期)を購入したばかりだったこともあり、しょんぼりしながら、駅の窓口へと行き「オイスターを失くしてしまいました」と話すと、「それはハッピーではないニュースだね!」と明るい調子のスタッフ。「とっても悪いニュースだよ」と力なく応えるMさんに、スタッフは「登録はしてた? 登録済みなら、ここに電話すれば新しいのをくれるよ」と、一枚のリーフレットを渡してくれました。


バス・パスを購入した際に登録を済ませていたMさんは、半信半疑でその番号に電話をすると、対応してくれた人から「新しいのを送るから待っててね」と言われ電話を終えました。


別の編集部員からは「送るといっても1ヵ月以上かかって、届く頃には定期の期限が切れてたりして…」「あり得る、あり得る」とからかわれつつも、、、待つこと2日(たったの2日!)。 ファースト・クラスでオイスターが送られてきたのです。バス・パスと、残っていたクレジットも入った状態で、しかもカードホルダーとカードの明細付! 身分証を提示したり、手数料を払ったり…という手間もなしです。


「サービスの良さに感動しました」と目をキラキラさせたMさんの笑顔で事件は解決。いざというときのために、オイスター・カードは利用者登録しておくべきですね(オンラインで可能)。ちなみに、紛失届けもオンラインからできます

以上、編集部とら兎でした。