ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

お土産探しに! リバティーのミニ・ブリティッシュ・フードホール

英国の老舗デパート「リバティー」が、英国産の良質な食品にスポットを当て、今秋新しく登場させた「ミニ・ブリティッシュ・フードホール(Mini British Food Hall)」。手土産や、日本へのお土産にぴったりの商品がそろっているのでご紹介したいと思います。

場所はリバティーのグランドフロア。カーナビー・ストリートに面したガラス張りのスペースです。外側の壁には、リバティーの創業者アーサー・リバティーさんの肖像画が描かれています。ポップで目を引きます。

ミニ・ブリティッシュの「ミニ」が意味するのは、小規模生産者(micro-producers)。チョコレートやジン、紅茶、ジャムなど、リバティーが厳選した商品が並んでいます。王室御用達の老舗チョコレート店「Prestat(チョコレート)」やフォートナム&メイソンなどでも取り扱いがある「Tregothnan(紅茶)」といった名の知れたブランドのほか、聞きなれない生産者が紹介されているので、新しい味を知るまたとないチャンス!

それぞれのパッケージは、英国各地のイラストレーターが商品をイメージして作成。どれもポップでユニーク! 見ているだけで楽しくなるデザインに引かれ、ついつい衝動買いをしてしまいました(まぁでも、友達へのお土産にぴったりだからと言い訳しつつ…)。

クリスマス前ということもあって、プレスタットの靴型チョコレート(ツリー飾りにもなるようです)などのクリスマス商品もありました。

写真手前はシャルボネル・エ・ウォーカー(Charbonnel et Walker)のクリスマス・クラッカー(7.50ポンド)。

取り扱いは、London Cru(ワイン)/Sloemotion(スロージン、フルーツリキュール)/Manfood(ピクルス)/Hawkshead Relish(ジャム・調味料)/Buttermilk(スイーツ)/Dark Woods Coffee(コーヒー)/Scarlett & Mustard(ドレッシング・ソース)/The Pembrokeshire Beach Food Campany(海産加工品)/Jensen’s(ジン)/Pump Street Bakery(チョコレート)/South Devon Chilli Farm(チリソース)/Rosebud Preserves(ジャム)/Prestat(チョコレート)/Tregothnan(紅茶)ほか。
食に関心が高い友人へのプレゼントや、日本へのお土産探し、あるいは英国の「美食」を求めて、訪れてみてはいかが?(編集部C)

Mini British Food Hall
Liberty London, Regent Street, London, W1B 5AH


※情報は2017年11月9日現在

JavaScript must be enabled in order for you to use Google Maps.
However, it seems JavaScript is either disabled or not supported by your browser.
To view Google Maps, enable JavaScript by changing your browser options, and then try again.

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【征くシリーズ】ウォレス・コレクションを征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む