ホンネで語る!
英国の医療事情

後編

ちゃんとGP登録してる?

日本とは大きく異なる英国の医療事情について、英国で暮らす女性3名による座談会を決行。GPや病院、医療保険などをテーマに、実体験を熱く語っていただいた(全2回)。
参加者のプロフィール
Aさん(33歳)/在英11年。学生ビザで来英後、就労ビザを取得。ロンドン北部在住。
Bさん(29歳)/在英3年半。ワーホリビザで来英後、就労ビザを取得。ロンドン東部在住。
Cさん(35歳)/在英7年。学生ビザで来英後、就労ビザを取得。ロンドン北部在住。

待ち時間と医療費

― 緊急時のために、自宅から近い総合病院の場所をチェックしていますか?

B
以前、NHSのウェブサイトで調べたことがあるんですけど、うちの近所には予約なしで診察してもらえる「ウォークイン(Walk-In)」をやっているGPや、救急科「A&E(Accident and Emergency)」のある病院がなかったんです。でも、A&Eは診察まですごく待たされるんですよね…。
A
時間とか曜日とか、混み具合は「運」にもよるけど、胆汁を吐いた時には7時間も待たされましたよ。
C
私は骨折で4時間…。明らかに「重傷(重症)」に見える人が、どうしても優先されちゃうんですよね。私も「血は出ていないよね?」と聞かれて、「あっ、これ絶対に優先度が下がる!」と思ったけど、「出ていません」と正直に答えたら4時間待ち(笑)。NHSじゃなくてプライベートの病院へ行けば、待ち時間も短いんでしょうけど、自己負担だから費用がね…。GPもNHSの病院も無料で診察や治療をしてもらえるので、やっぱりそちらに行ってしまいます。私も骨折の手術代、その後4ヵ月かかったリハビリ・レッスン代もすべて無料でした。

胆汁を吐いて入院したことのあるAさん(右)、
「自宅の近くに緊急病院がない」と悩むBさん(左)。

―国民医療サービス料を毎月支払っているので、実際には無料ではないんですけどね。

A
けっこうな金額を給料から天引きされてますよ、私…。ところで、みなさん「BUPA(ブーパ)」に入ってる? イギリスの医療保険なんですが、これに加入しているとプライベートの病院の費用を一部、あるいは全額負担してくれるんです。私の勤めている会社は企業でこの保険に入っていて、任意加入なので、入社後の数年間は私も入っていたんだけど、結局一度も使わなくて。でも、加入をやめた途端に入院騒動が起きたので(笑)、やっぱり保険は入っておいたほうがいいかも、と思いましたね。
B
確かに。BUPAは個人でも入れるの?
A
個人でも加入できると思いますけど、年間の保険料はそれなりの金額になるみたいですよ。

ヨーロッパで医療費無料?

―海外へ行くときには、海外旅行保険などに入ってますか?

A
私は一応入ってます。世界中どこでもカバーしている、1年間のプラン。医療保険と飛行機のキャンセル、携帯品の損害補償などが全部含まれているものですね。
B
毎年更新してる?
A
はい。日本はもちろん、ヨーロッパにも毎年必ず行くから、旅行するたびに3~4日間だけの保険をかけるよりも、1年間でまとめて払った方が意外と安い。もちろん旅行する回数が少なければ、高くつくかもしれないけど。それに、保険に入っていないと観光ビザを発行してもらえない国もあるから…ロシアとか。
B
私は毎回ではないんですけど、けがをするような可能性のあるアクティビティをする旅行の時だけ、保険に入ってます。でも、私も1年のプランに入ろうかな。どうやって探しているの?
A
保険比較サイトの「Confused.com 」や「MoneySuperMarket」などで調べて、よさそうなのを選んでます。これも、実際には一度も使ったことないけど…。
C
絶対に海外旅行保険は入ったほうがいいですよ。私はずっと旅行のたびに、短期間だけ加入していたんですけど「一度も使ったことがないからもういいかな」と加入せずにバルセロナへ遊びに行ったんです。そうしたら暑くて熱射病になって、貧血を起こして階段から転がり落ちてしまって。ひじの打撲と足首のねんざ、あと頭を打って失神したので、病院で検査を受けたほうがいいと救急車で搬送されました。

「1年プランの海外旅行保険に必ず入っている」と話すAさん。
B
えぇースペインで!? それは不安ですね。
C
レントゲン撮影とMRI検査をしたんですが、保険に入っていなかったので全額自己負担! 1200ユーロくらいだったかなぁ。
A
1200!? 高い!
C
涙が出そうだった(苦笑)。その時、英語が話せるインターナショナル・ドクターに「イギリスに住んでいるなら、どうしてEHICを持っていないの?」と聞かれて。欧州健康保険カード(European Health Insurance Card )といって、イギリス在住でNHSに加入している人なら、誰でも発行してもらえるんです。EU加盟国で旅行中にかかった医療費が、国によっては無料になったりもするんですよ。
B
そんなカードがあるんだ!
C
私も初めて知って、「そのカードがあれば無料だったのに」と言われてすごくショックでした。でも、処方箋と領収書のコピーをNHSに送って払い戻しの申請をすれば、全額ではないかもしれないけど一部返金されるかも、と聞いたので、ロンドンに戻ってからすぐに申請しました。ラッキーなことに、2ヵ月後くらいに全額補償してもらえたのでホッとしましたね。
AB
すごい! よかったね。
C
だからヨーロッパ旅行をする時は、EHICと海外旅行保険の両方に入っていれば安心だと思う。クレジットカードに保険が付帯されているから大丈夫って言う人がいるけど、医療費はカバーできないはずだし。EHICのウェブサイトから申請すれば、2週間くらいでカードが届きますよ。
A
でも、それってブレグジット(EU離脱)の後はどうなるの?
C
どうなんだろう? 私のカードの期限は2022年までだけど。
A
じゃあ、今のうちに取らなきゃ!
B
私も今夜申請しようっと。

「ヨーロッパへ行く時はEHICは手放さない」と話すCさん。

性病検査がすごい

A
そういえば、イギリスの医療制度で良い点(?)だと思ったのは性病検査が手軽なことですね。イギリスはすごく充実してるらしいんですよ。

―GPで検査できますよね?

A
GPだと予約する時に申告しないといけないし、対面での医者の問診があるでしょう? 記録にも残っちゃうし。それが完全に匿名で、誰にも顔をあわせずに、無料でサクッと検査できる専門の病院があるらしいです。
C
へぇー。HIVの問題とか、日本よりも深刻だもんね。
A
私が聞いた話では、1人ずつ無人の小部屋に入って、問診もタッチパネル形式、必要なサンプルをとったらカプセルに入れて渡して終了! なんだとか。数時間後に、メールやテキストで結果が送られてくると。
B
早い! GPだと結果は数週間後だと思う(笑)
A
とくにソーホーにある「Dean Street Express」というNHSのクリニックが有名で、ウォークインもやっているので週末の午前中は長蛇の列になるみたい。通りかかった観光客が、人気のお店やアトラクションと間違えて並んでしまい、自分の番になって慌てたりするらしいですよ(笑)

週刊ジャーニー No.1043(2018年7月12日)掲載

「英国の医療事情」前・後編は、今回で終了となります。今後も様々なテーマで座談会をお届けしていきますので、ご期待下さい!
A