日本のカレーはイギリスオリジン

カレーと言えばオリジナルはインドっぽいけど、本場はスリランカだという人もいる。いずれにしてもあの辺です。インドは長い間イギリスの植民地であったため日本にカレーを持ち込んだのも英国海軍。カレーは新陳代謝を促進し寒さや暑さに対する適応力向上が期待できる上にビタミンやたんぱく質、炭水化物とバランスよく摂取でき、さらに大量に調理できて保存もしやすいのでまさに洋上生活にぴったりだったんだとか。今でも海上自衛隊では毎週金曜日に欠かさずカレーが提供されるというのは有名なお話。長い間海の上で生活していると曜日の感覚がなくなりがちなため。カレーが出てくると「ああ今日は金曜日か」と確認できるわけですね。しかし維新なった頃、鉄道、建築、軍隊やビールまでイギリスには数々のことを学んだけれどまさか日本国民食「カレーライス」まで教わっていたとは。なんか悔しいぞ。しかし150年間改良につぐ改良が重ねられ、日本のカレーはとんでもなく美味しくなりました。その昔日本にカレーを教えてくれたイギリス。そのお返しにさらに美味しく進化した和風カレーで恩返し、ということで動画を作ってみました。字幕は英語ですが日本人なら見りゃわかる。市販のカレールーでお店の味に大接近。ぜひ一度お試しください。

cookbuzz編集部