切って包んで焼いただけでデリシャ~スなソーセージパイ

ソーセージロールってご存知ですか?あのパン粉がいっぱい詰まったイギリス特有のブヨヨンソーセージをパイ生地で包んで焼いたものです。なんせ日本のバリンとしたソーセージで育った身としては(あ、ブヨヨンの魚肉ソーセージでも育ってた)、どうもイギリスのソーセージが苦手でした。しかしイギリス国内旅行をしてホテルに泊まれば必ずと言っていいほど提供されるイングリッシュブレックファスト。これにはしっかりこのソーセージがついて来る。慣れとは恐ろしいものでなんだかんだ文句言いながら食べ続けているうちにイギリスのソーセージもいつしか嫌いじゃなくなっちゃった。それどころかもしかしたら好きになっちゃったかも、というところにまでたどり着いたのはかれこれ在英歴が10年を超えたころ。それでもそのイギリス式のブヨヨンソーセージをパイ生地に包んだソーセージロールだけは人の食べるものではないと思っておりました。ところがある日、お腹ペコペコでたどり着いたゴルフ場の茶店。置いてあったのはこのソーセージロールだけ。背に腹は代えられない。仕方なく食べました。そして最後のひとかけらを飲み込んだ時、何となくソーセージロールをしっくり受け入れている自分に気づきました。この時、在英歴15年あたり。大きな声では言えませんが今では時々お店で買って家で温めなおして食べたりしております。昔あまりにも「人の食べるものじゃない」と公言していたのでまるで隠れキリシタンのように家の窓を閉め切って電気も暗くして食べております。アムアム。ということでここで告白させていただきます。あたくし、イギリスのブヨヨンソーセージとそれを使ったソーセージロール、好きでございます。何か問題、ありますかね! 屈折したイギリスソーセージへの愛を語った直後、舌の根も乾かないうちの裏切りです。ドイツ風ソーセージを使ったソーセージパイを作りましたす。書いている本人が矛盾を感じているんだから読んでいる方が感じる矛盾は半端ないだろなー。パイ生地切り刻んでソーセージのっけてソースかけて包んで20分焼くだけでかなりイケるソーセージパイが完成します。トマトソースもマスタードもチーズも一緒に包んでしまったのであとはもう黙って食べて「美味しい」と言って寝るだけの優良商品となっております。簡単どころか全然調理していないのに周囲から「お料理ジョーズ」の評価が得られるシメシメな一品。ぜひ一度お試しください。

ベリーおいしいソーセージパイ パーティに、おやつに。

cookbuzz編集部