パルマハム、モッツアレラチーズ、バジル。えええっ?寿司かーい!

まぐろに見えるでしょ。ブッブー。パルマハムです。個人的に生ハムメロンが大好きなんですが生ハムとメロンを初めて組み合わせた人って天才だと思いませんか?スイカに塩くらいならわかりますが一体誰が甘いメロンと塩っぱいハムを一緒に食べようと思ったんでしょう。しかもそこに黒胡椒たっぷりまぶすなんてまともな人間の発想とは思えない。こういう天才が後の世に名を残すこともなく、版権や著作料1銭も手にせず世を去ったというのは腑に落ちません。せめて食べるときはその方に感謝しつついただきたいと思いますが、世の中には作者不明の美味しい食べ物、山ほどあるからいちいち感謝しながら食べてられないので気にせず食べることにします。ということでにぎらないにぎり寿司第2弾! 今度はいきなりイタリアン。だってイギリスは生食に耐えられる魚介類がほとんどない。だからスモークサーモンや燻製のサバに頼りがち。しかしそれだけじゃちょっち物足りない。だったらもう魚介類にこだわらず肉でも野菜でもにぎっちまいましょう。で生ハムの上にモッツアレラとトマトをのせたらもうオリーブオイルを注がずにはいられない。これ、なかなか美味しいです。自画自賛です。オリーブオイルと一緒にバルサミコ酢をたらっと落してもいいかもしれません。パーティで見栄えもするし、イギリス人の舌に合うのも実験済み。BBQの際、皆がお肉に飽きてきたなと思ったらちょい出しすると大受け間違いなし、のような気がするな。勘違いかな。よろしかったらぜひお試しください。


すしイタリアーノ(かなり美味しいぞ)

cookbuzz編集部