BBQの季節! 鮭のチャンチャン焼きが美味しいの。

バーベキューの季節となりました。最近ちょっと肌寒いけど、実はこれくらいの気温を喜ぶ人がいます。それはBBQ奉行。鍋もバーベキューも必ずお奉行様という煮炊き専門家が現れます。ありがたいことにこういう方々は鍋や鉄板を仕切るのが大好き。お奉行様さえいればこっちはただ「焼けたよー、煮えたよー、食べごろだよー」のお声を待つだけ。ありがたや、ありがたや。鍋はいいとして鉄板の周りは異常な高温になります。だからちょっと肌寒いくらいがバーベキュー奉行の方々にはちょうどいいんですね。さてさて、イギリス人主催のBBQパーティに誘われるとメインはやっぱりソーセージかバーガー。どっちもジャンキーで食卓に出てきたらちょっとアチャーですが、これを外でいただくとなぜか味がアップグレードするから不思議。庭の緑が人の視覚や味覚を寛大にさせるのでしょうか。あれかな、山の上では異性が地上で見るより少しいい女、いい男に見えるっていうけど、それと同じかな? そりゃ高山病の一種か? 山に登らないから知らないや。北海道名物の一つにシャケのチャンチャン焼きというのがあります。もともとは漁師さんたちがやっていた食べ方ですがいつのまにか全国に広まったみたい。本来はホットプレートや鉄板などで焼くもののようですが、アルミホイルに包んでソーセージなんかと一緒に焼けば勝手にチャンチャン焼きが出来上がります。基本、漁師さんのレシピなので何入れてもOK。BBQ会場にはいろんな野菜がごーろごろ。適当に包んで焼いちゃいましょう。酒蒸し状態になってスープまで美味しくいただけます。お楽しみあれー。


サーモンのBBQホイル焼き 甘辛チャンチャンみそソース

cookbuzz編集部