TV番組で出資を勝ち取ったコンニャク商品

Dragon's Denというテレビ番組をご存知の方も多いと思います。一般人の起業家が事業計画を投資家たちの前でプレゼンし、出資獲得を目指すというイギリスの人気リアリティ番組。もともとこれは日本テレビが2001年から2004年まで放映していた「マネーの虎」という番組が輸出されたものですね。司会は吉田栄作さんでした。ただ、「マネーの虎」というタイトルは第二次大戦初期にマレー半島やシンガポールで英軍を撃破した山下陸軍大将のあだ名「マレーの虎」をもじったものなので敗れた側のイギリスのテレビ局が採用するはずはなし。そのドラゴンズ・デンの中で見事出資を獲得して商品化にこぎつけたのが今回ご紹介するこの商品。最近、セインズベリー辺りの商品棚に並び始めたので目にした方も多いと思います。これ、コンニャクを細かくした「お米」見立てたもの。他に麺も売られています。まあ、見た目はシラタキですね。脂肪分ゼロ、低カロリー、100gあたりに含有される炭水化物わずか0.1g。満腹感を得られながらも太らないというダイエット食品として登場しました。これまで日本の商社さんとかが頑張って売り込もうとしていたコンニャクやシラタキですが、その食感と臭いと味のなさが壁となってなかなか難しい食材だったようです。しかし今回、イギリスの起業家がテレビでコンニャクの素晴らしさを訴えてくれたことでコンニャクにも希望の光が差し込んできました。良かった良かった。。。ところが良くなかった!一つ買って来て裏の表示を見て愕然。中国製でした。もともとコンニャク自体は6世紀頃に中国から薬用として日本に渡って来たらしく、そういう意味では確かにオリジンは中国。ところが日本では1400年以上もの長きに渡って食用としても重用され、さらに独自の進化を遂げてきました。だから今回の商品も日本名のコンニャク(英語ではkonjac)として紹介されています。そのコンニャクが日本生まれのテレビ番組を通してようやく世界デビューに漕ぎつけた!と思ったらお金が落ちる先は中国、ってのはちょっと切ない、とても悲しい。何とかがんばれー!群馬や栃木の人たちー!イギリスでコンニャクを売る絶好のチャンスが到来してますよー! 聞こえますかー。それにしてもこのコンニャクの米、どうやって使ったらいいの? メーカーのサイトを見ても今一つそそられるレシピが見当たらない。また編集部のつらい研究が始まります。近いうちにレシピ投稿するかもしれませんよー。お楽しみに! すでにレシピをお持ちの方はぜひ投稿してくださいねー。

cookbuzz編集部