TESCOのラーメンペーストがドイヒーな件

TESCOのアジア食材コーナーで「RAMEN PASTE」なるちっちゃな瓶を見つけました。その横には先日ご紹介したカツが入っていない「KATSU CURRY PASTE」。どうもテスコの日本食解釈はトランプ並にねじ曲がっている。良く言えばユニーク、悪く言えばスットコドッコイ。99.999%美味しいわけがないと確信しながらも確かめなくてはいけない、それが我々のミッションと勝手に思い込んでブルーになってしまうクックバズ編集部。仕方なく買ってみた。一人前で1.69ポンドもした。 指南書に従って作り、仕方なく食べてみた。そして99.999%の予想が覆ることはなかった。「C級タイ風エスニックヌードルペースト」と謳われていればこれは間違いなくC級タイ風エスニックヌードルペースト」。タイの人も怒るかも。しかしこの味でニッポンB級グルメの王様「ラーメン」を謳われたんじゃたまらない。ここに謹んで「買ってはいけない」リストに挙げさせていただきます。こう書くと必ず「そんなにスゴイの?ちょっと興味ツンツン」とか言いながら興味本位で買っちゃう人が出るかもしれないけど止めません。可愛い子には旅させて世の中の厳しさを知ってもらおう。ということでこのラーメンペースト試食会の顛末はこちら。

TESCOのラーメンペーストでラーメン!まさかこれがラーメンなのか?

●話は変わりますが同じテスコにて。ラタトゥイユを作ろうとナス、コジェット(ズッキーニ)、ほうれん草を探していたんだけど見つかりません。何でだろうと思っていたらオンラインジャーニーに詳しく載っていました。前述の野菜類の最大入荷元であるスペイン南部ムルシア地方で大雨があり、農作物が深刻な不作に見舞われているんだろか。それにより、ホウレン草、コジェット、トマトなどの値段が過去数週間で急騰。仕入れを諦めているスーパーが多いんですって。買うか買わないかは消費者が決めるから仕入れんかい! とも言いたくなります。こりゃベジタリアンの人たちは大変だ。

3

cookbuzz編集部(T)