カツの乗ってないカツカレーってただのカレーだよね。ね?ね!

こんなもの、テスコで見っけました。カツカレーペースト。いやいやいやいや。カツがないならただのカレーペーストでしょ。これを天丼にかければカレー天丼、うどんにかけりゃカレーうどん、ラーメンにかけたらカレーラーメン、そしてカツにかけてはじめてカツカレーが完成、するはずなんだけど。。。先日も書きましたがどうやらイギリスでは日本の普通のカレーのことをカツカレーと誤解して覚えちゃった人が多数いて、そのせいで話が何かとんでもなく面倒なことになっちゃっております。ややこしいのはカツカレーをただのカレーと勘違いしている人たちがいる一方で、カツカレーとはカツののったカレーであ〜ると正しく理解している人たちもいて、パッツリ2グループに分かれてしまっていること。正しく理解、といってもどうやら彼らにとってのカツとはあくまでチキンカツであってトンカツではないらしい。ちなみにカツカレーってのは元読売ジャイアンツの名選手、千葉茂氏(1919-2002)がひいきにしていた銀座の洋食店「グリルスイス」で誕生したんだとか。とんかつとカレーが大好物だった千葉氏、面倒なのでとんかつをカレーに乗せて食べたのがカツカレー誕生の瞬間なんですって。それが1948年のこと。トンカツカレーから後日、派生的に生まれたのがチキンカツカレー。だから本流はトンカツなんだけど、イギリスでは圧倒的にチキンカツがのったものになっちゃった。へえー。知らなかった。

ところでカツ有り派がカツ無しカツカレーを見たら「カツはどこに?」となりましょう。逆にカツ無し派がカツ有りカツカレーを食べたら「なんだこの肉は。私はベジタリアンなのに!」ってなっちゃう。さらにカツ無しカツカレーにカツを乗っけたら一体何て呼べばいいの?という大問題。カツカツカレー? 仕送り直前のどビンボー大学生が食べる具なしのうっす〜いカレーみたいだぞ。どしたらいいの? 答えは風に吹かれている。。。 ってボブ・ディランの歌で締めようと思ったけど風に聞いたってビュービュー言うだけで何の役にも立たない。ボブの嘘つき。うーむむむ、このまま長いものに巻かれてしまうのか。。。カツカレー危うし!

cookbuzz編集部(T)