いつものカレーがグレードアップ。ちょっと骨折れるけど。

たまねぎって加熱すると甘くなりますね。でも単に加熱すればいいというものではないようでして一番甘くなってコクが出るのは油であめ色になるまで炒めることだそうです。以前は辛み成分が加熱されることで甘味成分に変化する、みたいなことを言われていましたがこれは間違い。もともとたまねぎは辛み成分と甘味成分を併せ持っています。辛み成分は加熱されることで揮発してしまうので残された甘味成分が前面に出て来るんだとか。たまねぎの糖質は炒めることで濃縮されて一層甘くなりますが、茹でたりすると甘味が水分で薄まってしまいます。だから炒めて凝縮、濃縮するのが一番なんですって。試しにたまねぎをおろして炒めてみたのですがスライスして炒めたものと比較すると全然甘くなりませんでした。おろした際に出る大量の水分が邪魔をするようです。奥が深い! しかしたまねぎをじっくり飴色になるまで炒めるというのはなかなか骨が折れる作業です。決して途中でテレビやネットに熱中したりトイレに行ったりしてはいけないのです。焦げちゃうから。手軽にできるのがインスタントのルーを使った家庭のカレー。しかしワンランク上のカレーにしようと思ったらちょっと時間と忍耐が必要です。でも絶対にその価値あります!ぜひお試しください。

3

「ワンランク上のカレーライス」

cookbuzz編集部(K)