Japan Journals Leaderboard
Japan Journals Leaderboard

薄切り牛とえのきに春雨、そして高菜っぽいピクルスが入った鍋、Beef in hot pot with noodles, mushroom, chilli pepper. £13.90。コクがあってちょっと酸味の効いたピリ辛スープが美味しい。寒い時はぜひぜひの一品。

グッジストリートの居酒屋“酔処”が閉まっちゃって寂しい。しかしそのわずか2軒先にある四川料理店“SAN XIA(三峡=サンシャ)”は変わらず元気だ。テーブルクロスは紙製。階下から時々カラオケが聞こえてくる食堂感プンプンの店だけど、提供しているのは本格四川料理。化学調味料を嫌う香港出身の女性を連れて行ってもご満悦。実際中国人客も多い。小さい店ながらメニューの充実ぶりには目を見張るものがある。北京ダックは4分の1から用意されているので前菜に2、3個巻いて放り込みたい人に親切。陽気なマネージャーの男性は昔、日本にいたことがあるとかで片言の日本語を話す。最近は好物の「麻婆豆腐」を頼むと「い~つも同じよ~」といじられる。だって、美味しいんだもの。ここの「よだれ鶏」は思い出しただけで本当によだれジュルリンの逸品。しかしレバー、胃袋、牛タンてんこ盛りの「夫妻肺片(Fuqi Feipian)」って奇妙な名前の冷製前菜も捨てがたい。よだれ鶏と被らないように試して欲しい。定番以外にもチャレンジングな内臓系レシピやロブスターヌードル、火鍋までメニュー充実。ボリュームもあるし値段も手頃なので3~4人で行って色々試してみるのがグー。予約なしでも多分、大丈夫。行くよろし。(たべ 太蔵)

写真左=四川と言えばこれ。よだれ鶏。食べるラー油みたいな美味しいソースにやられちゃう。£8.50 写真右=よだれ鶏もいいんだけどこの夫妻肺片も捨てがたい美味さ。内臓系が嫌いでなければぜひお試しを。£8.50
写真左=四川と言えばこれ!らしいんだけど花椒が強烈過ぎて完食できず。チキンとチリの胡麻炒め(La Zi Ji)£11.90  写真右=フレンチビーンズと豚挽きのドライ炒めはどうざんしょ。£9.50

総合評価

 

食事

 

サービス

 

雰囲気

 

お値段(1人分・ドリンク抜き)

15~20

SAN XIA

29 Goodge Street
London W1T 2PP
TEL. 020 7636 5886 or 020 7636 7688
http://sanxia.co.uk/

OPENING HOURS

Mon-Wed 11:30-23:00
Thu-Sat 11:30-23:30
Sun 12:00-22:30

週刊ジャーニー No.1124(2020年2月13日)掲載