フィッシュ&チップス店のキング的存在、コッド(タラ)

エリザベス1世時代に海賊・探検家として名を馳せ、スペイン無敵艦隊との海戦でも大活躍したフランシス・ドレーク(1543頃~1596年)。「サー」の称号までもらった彼の旗艦「ゴールデン・ハインド」と同名の当店は1914年創業。ロンドン中心部、マリルボンの一角に店を構える。この店に来たら、どの魚でどの大きさ(スモールかラージしか選べないけど)、つけあわせ(すべて別料金)はチップスだけか、マッシーピー(mushy peas=マローファットピーという緑色の豆を煮てつぶしたもの)も頼むかどうか、くらいしか悩まなくて済む。日本人女性ならスモール・コッドとチップスだけでおなかいっぱい…という量。2人でスターター1品、揚げた魚2品、チップス1人分程度で十分かも。これにビールで、ひとり20ポンド程度(サービス料込)。以前に比べて店がこぎれいになった反面、油切りが足りず、少々油っぽくなったという印象を持ったが、フィッシュ&チップスの店に連れてって~というリクエストに応えたい時向けに、リストに追加(プラスワン)しておくとイザという時結構役立つ1店です。

店名はドレーク船長の旗艦、ゴールデン・ハインド(メスの赤ジカ)から拝借
少しお高い プレイスplaice(カレイ科ツノガレイ)
モッツァレラの天ぷら。ほどよい塩味。=写真左 卓上調味料はケチャップ、酢、タルタルソースというラインアップ=写真右

Golden Hind

71a - 73 Marylebone Lane, London W1U 2PN
TEL: 020 7486 3644
https://www.goldenhindrestaurant.com/

OPENING HOURS

Mon-Fri 12:00 - 15:00, 18:00 - 22:00
Sat 18:00 - 22:00
Sun closed

週刊ジャーニー No.1089(2019年6月6日)掲載