燻製を使えば下準備もカンタン
鯖の燻製の裏巻き2種
 

所要時間 30分
(ご飯を炊く時間は除く)

5本分
〈約2.5合〉


 


【すし飯の作り方】
※すし飯500gを作る場合
 米…2.5合
 すし酢…75ml
炊き上がったご飯にすし酢(または米酢 大さじ5、砂糖 大さじ2.5、 塩 小さじ1.5を混ぜ合わせたもの)を加え、切るように混ぜる。

すし飯
のり
ごま
鯖の燻製 smoked mackerel
【A】
きゅうり
がり
【B】
玉子焼き
 玉子(M)
 砂糖
 酒
 塩
 酢
 サラダ菜
 味噌
500g
2.5枚
適量
2~3枚

1/2本
適量


3コ
大さじ1
大さじ1
小さじ1/4
小さじ1/2
適量
適量

 



すし飯を作る。
きゅうりは、長さをできれば寿司のりに合わせて切って種を取り除き、断面が1センチ角になるようにさらに細長く切る。鯖は皮を取り除き1センチ幅に切る。がりの汁気は切っておく。玉子焼きを作り、これも断面が1センチ角になるように細長く切る。
巻き簾にラップを広げ、上下を巻き簾の下に巻き込む。のりを半分に切ってのせる。
すし飯100gを手前ギリギリから奥は1センチあけて広げ、上からごまをふりかける。
④を裏返して、【A】半分より手前に、がり、鯖、きゅうりの順にのせる。【B】半分より手前に、サラダ菜、味噌、鯖の順にのせる。【A】と【B】のどちらを3本にするかはお好みで決めればOK。
手前から具を押さえるようにクルクルと巻き、最後に形を整える。
その都度包丁をきれいにして、濡らしながら、ラップごと6~8つに切る。【A】と【B】をバランスよく盛り付ければ出来上がり。


具がのりの真ん中より少し手前にくるよう置くと、切り口がきれいに仕上がる。
ごまは、白と黒の両方を使うと、盛り付けた時に変化ができる。
鯖の燻製の塩気があるので、食べる時、しょうゆは不要なほど。お弁当などに入れるのもおすすめ。

 

 

金澤みずえさん

料理:金澤みずえ
北ロンドンで料理教室をやっています。
日々更新しているブログ、レシピ動画( https://www.youtube.com/c/MizueK)とともにどうぞよろしく。
【ブログ】http://mizue20.wordpress.com 【メール】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

  2013年9月26日 No.798