暑い日にピッタリのクールな前菜
とうもろこしのムース仕立て
 

所要時間 20分
(とうもろこしを茹でる時間、冷やし固める時間を除く)


 

オーガニックのスープストックとしてお薦めのスイスベジタブル・ブイヨンパウダー(名前の通り顆粒状)。ウェイトローズなどで購入できる。

 

茹でとうもろこしの
実の外し方

 

生とうもろこし
豆乳(またはミルク)
豆乳クリーム
(またはシングルクリーム)


スイスブイヨンパウダー(または一般的なスープストックなら半コ程度)
ゴールデンキャスターシュガー
こしょう
粉ゼラチン
『Umami』ペースト

2本(茹でた実200g)
160ml

100ml
大さじ2
小さじ1

ひとつまみ
適量
4g
少々


 


とうもろこしは熱湯に入れる。湯が沸騰したら3分茹でて取り出し、冷ます。粉ゼラチンは小さじ4の水にふりいれ、ふやかしておく。
とうもろこしの実、200g分を丁寧に芯から外し、豆乳と一緒にハンドブレンダーにしっかりかける。
ボウルに湯、ブイヨンパウダー、ゴールデンキャスターシュガーを入れてよく溶いてから、②を加える。豆乳クリーム、こしょうも加えてよく混ぜる。
水でふくれた粉ゼラチンを、600Wの電子レンジに5秒ほどかけ(あるいは、湯せんで溶かす)、よく溶けたものを③に加えてしっかり混ぜ合わせる。これを、ガラスの器に注ぎ分けて、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。
『Umami』ペーストをのせ、残った茹でとうもろこしの実(分量外)、パセリ(分量外)などを飾って召し上がれ。

 


なめらかな舌触りにしたい場合は、②を裏ごしして約240gにする。
④で、器のふちについたものは、冷蔵庫に入れる前にふき取ると良い。

 

うもろこしの実の外し方

まず、ペティナイフなどで、最初の2列のみ根気よく実をひとつずつ外す。
あとは、真横に倒すようにすれば簡単に外れていく。生とうもろこしも同様にすればOK。
それぞれの実は、芯と接している部分に栄養が一番詰まっているので、できれば丁寧に取り外したい(時間がない時は、包丁でこそげとる)。

 

 

山野敦子さん

料理:山野敦子
和みキッチン料理教室
【ブログ】http://yamanonagomi1.webspace.virginmedia.com

  2013年8月8日 No.791